パワーブルース
  ホーム >お薦めブルース一覧:名盤・R&B編

お薦めブルース一覧:名盤・R&B編 

ブルース編1(ア行~サ行) ブルース編2(タ行~ハ行)ブルース編3(マ行~ワ行)1990年代以降の名盤・好盤
R&B編ソウル編話題のDVDなど前のページへ戻る
スマートフォンで直接このページへ来た場合、 スマートフォン用に制作したページがご利用できます。
スマホ用ページ

ア・カ・サ行

タ・ナ・ハ行

マ・ヤ・ラ・ワ行

アイク・ターナー

トレモロ・アームを使ったキレキレのソリッドなギター。シカゴ・ブルースにも深いつながりがある人。ティナ・ターナーの元旦那さん。
Rhythm Rockin' Blues

 

メンフィスのページ

アイヴォリー・ジョー・ハンター

アイヴォリー・ジョー・ハンター

ウエストコーストの戦後のR&Bを代表するシンガー・ピアニスト。1940年代~50年代、多くのバラードをヒットさせた。

 

1950-1951

 

Ivory Joe Hunter

 

アトランティック時代の代表的なヒット「Since I Met You Baby」

 

Since I Met You Baby

 

ウエスト・コーストのページ

ウォルタ-・ブラウン

ウォルタ-・ブラウン独特のイントネーションでゆったりと歌う 「ジェイ・マクシャン・バンド」のボーカル。有名な「コンフェンション・ザ・ブルース」も聴けます。ピアノも心地良いです。
Forget Your Troubles and Jump Your Blues...

エイモス・ミルバーン

パワフルなブギ・ピアノ。2ディスクの52曲入り。かなりのお得です。
The Chicken Shack Boogie Man

上が在庫1枚と言う事で、無ければこれを。3枚組です。本来こっちがおすすめですが、少し高い。
Blues, Barrelhouse & Boogie Woogie

 

 

ウエスト・コーストのページ

エディ・クリーンヘッド・ビンソン

エディ・クリーンヘッド・ビンソンヒット曲のキドニィー・シチューをまずはおすすめ。
Kidney Stew

エディ・クリーンヘッド・ビンソン2こちらは、Tボーン・ウォーカー等とのセッション。同じようなジャケットです。
Kidney Stew Is Fine

エディ・クリーンヘッド・ビンソン3ジャズ畑とも付き合いがある人です。評価の分かれるところ
Cleanhead & Cannonball

 

 

キング・カーティス

キング・カーティス後のフージョンにも多大な影響を与えた人。ブルースからR&B・ソウルのサム・クックの曲まで全てカッコよくやってます。スーパー・サックス・プレイヤー!
The Best of King Curtis

キング・カーティス2こちらはブルース・ナンバーを中心に豪快に聴かせてくれます。やっぱりブルースがいいな~、たまりません、ホンキー・トンク。
Night Train

キング・カーティス3 「エンジョイ」時代のヒット「ソウル・ツイスト」この頃はさらにブルージーです。
Soul Twist and Other Golden Classics

 

ジミー・マクラクリン

ジミー・マクラクリンR&B

軽快なジャンプ・ナンバーがいいです。ギターのロバート・ケルトンはアグレッシブで最高!
The Modern Recordings 1948-1950

ジミー・マクラクリン1時代に上手く乗りスタックスからもレコードを出してます。70年頃ですが、タイトル変えて再発売。ブルースがいい!
High on the Blues

ジミー・マクラクリン2

90年代のリリース。なかなか良いです。歳を感じません。
My Story

 

ウエスト・コーストのページ

ジミー・ラッシング

カウント・ベイシーのバンドで1938年から52年までボーカルを担当した大物シンガーです。自身のアルバムで自由に歌っているこれが最高!

 

R&Bのページ

 

ジャック・マクビー

ジャック・マクビー落ち着いたウォームなボーカルとサックスも良いです。BBキングの最初のアルバム時代(1956年頃)、マックスウエル・ディヴィスらとサックスで参加しているのもこの人。


McVoutie's Central Avenue Blues

同じ内容ジャケの国内盤あり。
マクヴォウティズ・セントラルアベニュー

シャーリー・アンド・リー

シャーリー・アンド・リーデイブ・バーソロミュー・バンドで歌う二人は最高です。代表曲のほとんどが入っています。ニュー・オリンズの魅力たっぷり!
The Legendary Masters Series, Vol. 1

 

 

 

ニューオリンズのページ

ジュニア・ウォーカー

ジュニア・ウォーカー60年代にモータウンから多数のヒットを出したサックス中心のグループ。ストレートでワイルドな感じが良いです。ショット・ガンはカッコ良過ぎ!
Shotgun [Universal Special Products]

ジョー・ヒューストン

ジョー・ヒューストン強烈なブロウ・ホンカー!元気が出ます。タイトルがスゴイ!
Blows Crazy!

ジョー・ヒューストン2こちらも良いです。
Cornbread and Cabbage Greens

 

 

ジョー・リギンス

ジョー・リギンス45年の「The Honeydripper」は、200万枚を売ったそうです。歌も穏やかで、インテリ・ジャンパーと言う感じ。
Legends of Specialty : Joe Liggins & the Honeydrippers

 

 

ウエスト・コーストのページ

ジョニー・エース

この人は、ルシアン・ルーレットで自分の頭を打ち抜いて、54年に23才で亡くなりました。52年のデューク・レコードからのデビュー" MY SONG "のR&BチャートNo.1ヒットを出して、その2年後の事です。ですからこのアルバムくらいしか無いと思います。
Memorial Album

 

 

メンフィスのページ

ジョニー・オーティス

馴染みやすいアルバムのコーナーで御紹介してるジョニー・オーティスです。このライブはいろんな意味で聴きたいところです。
The Johnny Otis Show Live at Monterey

 

ジョニー・オーティス1ジョニーの周辺が網羅された、サヴォイの3枚組でコンプリート盤と言えるものです。リトル・エスターの「ダブル・クロッシング・ブルース」も聴けます。自らのヒット曲ハーレム・ノクターンも入っています。
Rhythm & Blues Caravan: The Complete Savoy Recordings

 

ジョニー・オーティス3

70年代に息子のシュギーと作ったアルバム。ルーズな感じが良いです。シュギーのギターは一番上のライブでも聴けますが、こっちはよりロックしてます。
Cold Shot

 

 

 

ウエスト・コーストのページ

スクリーミング・ジェイ・ホーキンス

スクリーミング・ジェイ・ホーキンス歌の中に散りばめられた絶叫、奇声は呆れるほど。でもこれが無いと彼じゃない。歌の実力は文句無しのR&Bシンガー。「ガピョーン」「アィ~~ン」「ボヨヨ~~ン」とギャグ連発。面白いです。
Cow Fingers & Mosquito Pie

スマイリー・ルイス

スマイリー・ルイスニュー・オリンズの代表的なR&Bシンガー。ディブ・バーソロミューのバンドの重厚なサウンドとぴったり。
The Best of Smiley Lewis: I Hear You Knocking

チャールズ・ブラウン

チャールズ・ブラウンジャズと言ってもいい人ですが、「ドリフティン・ブルース」「ブラック・ナイト」「トラブル・ブルース」などは多くのブルースマンが好む曲です。玄人受けするタイプと言いましょうか。ビー・ビー・キングなども好きだと言ってます。特にこのアルバムはブルース(あまりジャズ的ではない)が集められていて、私などはしびれます。かなり渋いので最初は馴染まないかもしれませんが、じっくり聴くとはまります。
Driftin Blues: Best of

 

 

ウエスト・コーストのページ

ナッピー・ブラウン

ナッピー・ブラウン50年代後半のサヴォイ録音。ストレートで荒々しさがあり、2ディスクで聴き応え有り。90年代にもけっこう出していますが、やはりこの頃から。
Night Time Is the Right Time

 

ブラックトップ・レコードのページ

パーシー・メイフィールド

パーシー・メイフィールド多くの人にカヴァーされた"Please Send Me Someone to Love"が、あまりにも有名です。また、"The River's Invitation"もよくカヴァーされます。
Legends of Specialty : Percy Mayfield

 

 

 

ウエスト・コーストのページ

ビッグ・ジェイ・マクニーリー

ビッグ・ジェイ・マクニーリー 

豪快なサックスのホンカーと言えばこの人。
1948-1950

 

 

ビッグ・ジェイ・マクニーリー2

ライブ・テイクも半分くらい入ってます。この人は床に寝転がって演奏するのでも有名?
There Is Something on Your Mind

 

ビッグ・ジョー・ターナー

ビッグ・ジョー・ターナー

重量感もあり、ノリのよさも絶品!ロックン・ロール的な曲もあり、50年代アトランティック時代含む聴きやすいアルバムです。
The Very Best of Big Joe Turner

 

 

5枚組で価格: ¥3,173 (税込)
新品/ユーズド価格?: ¥2,697より
というものです。40年代だけでも録音年別に何枚か出ていて、とても迷いますが、これはカバーしている年数、曲数、値段を考えるとすごく良いです。バンドはもちろん、ブギ・ウギ・ピアノのピート・ジョンソンとのセッションまで聴けます。
Classic Hits 1938-52
 Classic Hits 1938-52

上述の初期に近い頃で、私は好きです。でも上のにほとんどが入っているので、その辺はご自由な判断で。
 1941-1946

ヒューイ・スミス

ヒューイ・スミスニュー・オリンズのピアノ・スタイルを全て弾く事が出来た人です。ドクター・ジョンも尊敬してます。
Having a Good Time

 

 

 

ニューオリンズのページ

ファッツ・ドミノ

ファッツ・ドミノヒット・チャート1位を沢山取った人です。やはり良い曲が多いです。代表曲のほとんどが入っています。
Fats Domino Jukebox: 20 Greatest Hits...

 

 

ニューオリンズのページ

プロフェッサー・ロングヘアー

プロフェッサー・ロングヘアー1沢山出ていますが、プロフェッサーのニュー・オリンズ・ピアノを聴くなら最初はこれが良いです。
New Orleans Piano

 

 

プロフェッサー・ロングヘアー2ニュー・オリンズは有名なピアニストが沢山いますが、何故かこの人が最初に浮かびます。まさにカーニバル・ピアノ。Crawfish Fiesta

 

 

プロフェッサー・ロングヘアー3ロックンロールに与えた影響も大きいです。ここでは自らがそれ風にやっています。Rock 'n Roll Gumbo

 

 

 

ニューオリンズのページ

ポール・ウィリアムス

Paul "Hucklebuck" Williams

1949年に"Hucklebuck" のヒットを持つ「Paul "Hucklebuck" Williams 」ですが、アナログ盤か・・・

 

 

ならば、MP3も有りますので・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オムニバス盤(コンピレーション盤)

Presents Best of Rhythm & Blues と言う5枚組で、ジョニー・オーティスが編集したわけではないでしょうけど、昔からオムニバス盤では「ジョニー・オーティス・プレゼンツ~」って見かけます。そして、だいたい内容が良いのが普通で、やはり顔が広いと言うことでしょか。
これは10人 のオム二バス なのですが、1枚ずつでも買えます。でも値段的にも5枚セットが断然良いです。実はこれ全然違うジャケットで持ってるのですが、今日偶然見つけたものです。R&Bのいいところ10人を5曲ずつ聴けるお手軽盤です。(参考曲目

Presents Best of Rhythm & Blues

 

 

 

 

The Roots of Rock'n' Roll

 

ルーツ・オブ・ロックンロールとはリズム&ブルースと言う事ですね。

 

 

 

 

The Roots of Rock'n' Roll

 

似たようなタイトルのコンピレーション盤がありますが、それほど曲のダブりは無いようです。

 

 

 

Roots of Rock N Roll: 1954-1963

 

これは3枚CDで良いです。

 

収録曲はこちら

 

 

The Roots of Rock'n'roll

 

 

こちらは、プレスリー等のすでにロックンロールの曲と、ブルースマンのロックンロール曲が多いです。

収録曲はこちら

 

 

曲が載ってないのが多くて探しつかれる・・・

ラヴァーン・ベイカー

ルース・ブラウンと並ぶ50年代女性ボーカルを代表する人で、ヒット曲も多数あります。60年代初め頃までのベスト盤で、20曲の好曲揃い。R&Bからアーリー・ソウル的で良いです。91年のライブ盤も懐かしくて良かったですが、今在庫切れてました。まずはこれを聴いて下さい。
Soul on Fire: The Best of LaVern Baker

リー・ドーシー

おどけた感じ、ふざけた感じのノベルティ・ソングが得意な人です。60年代のニュー・オリンズを代表する歌手の一人です。リズムがおもしろいです。
Golden Classics

ルイ・ジョーダン

ルイ・ジョーダン1元祖ジャンパーのデッカ時代ベスト盤。ヒット曲多数でノベルティ・タッチの曲もいいです。小人数で構成されたスモール・コンボも軽快で良いです。40年代は多くのヒット曲を出し、後々まで多くの人にカヴァーされました。
ルイ・ジョーダン:1939-1954

5枚組のベスト盤
Louis Jordan & His Tympani Five [JSP]

 

カンザスのページ

 

 

ルース・ブラウン

ルース・ブラウンアトランティックの最初のスター。ヒット曲含む23曲入り。「ラッキー・リップス」など有名なヒットもあり良いです。
Best of

 

レイ・チャールズ

レイ・チャールズ1初期のレイは最高!この時期を聴かずに、レイは語れません。
The Very Best of Ray Charles [Rhino]

レイ・チャールズ2まさに天才!名曲の数々。
The Very Best Of Ray Charles Vol. 2

 

レイ・チャールズの充実ボックス最も充実した頃のボックス。上とは重複あるのですが、あらためて素晴らしい曲の多さに驚きます。5枚ディスク!(収録曲について

Genius & Soul: The 50th Anniversary...

 

 

ロイ・ブラウン

 

Roy Brown & New Orleans R&B

4枚組

 

 

 

40年代後半から50年代半ばまでのタイトル曲"Boogie at Midnight"他の絶頂期が聴かれます。


The Very Best of Roy Brown: Rockin' at Midnight

ロイ・ミルトン

ロイ・ミルトンジャズ風なのとかいろいろ出ていましたが、やはりジャンプなこれが良いです。
Legends of Specialty : Roy Milton

 

 

カンザスのページ

ロイド・プライス

ロイド・プライス1「Lawdy Miss Clawdy」のヒットは17歳の時。デイブ・バーソロミューのバンドにファッツ・ドミノも参加してるスペシャルティ時代。
Lawdy! (+ Bonus Tracks)

ロイド・プライス2同じ時期のものと、後にABCに移ってのヒット曲を集めたものです。「スタッガー・リー」もは入ってますが、まずは上のスペシャルティ時代を聴いてから。
Lloyd Price Sings His Big Ten

 

ロスコー・ゴードン

ロスコー・ゴードン1代表曲ジャスト・ア・リトルビットを含むベスト盤。
The Very Best of Rosco Gordon: Just a...

 

 

ロスコー・ゴードン1かなり気持ちよく聴ける一枚。後期になり音が良いです。
No Dark in America

 

 

 

メンフィスのページ

ワイノニー・ハリス

ワイノニー・ハリス1豪快に歌うシャウターです。声も凄いです。一番良い頃。
ワイノニー・ハリス1944-1945

 

 

ワイノニー・ハリス2

これもおすすめ。
ワイノニー・ハリス1945-1947

 

 

カンザスのページ

ホーム サイトマップ名盤:ブルース全体が見えてくるルバムR&Bの名盤・ニューオリンズの名盤compilationロックン・ロール / ブルース・ロック名盤・好アルバム・年代順

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

参考データ

Top Selling R&B
Artists年間売り上げのトップですが、枚数・金額はわかりません。

トップセールスをしたくらいですから、当然有名な人が並んでますが、3年連続トップの「ルイ・ジョーダン」と「ファッツ・ドミノ」は凄いですね。

1945 - Louis Jordan
1946 - Louis Jordan
1947 - Louis Jordan
1948 - Bull Moose Jackson
1949 - Amos Milburn
1950 - Johnny Otis
1951 - Percy Mayfield
1952 - B.B. King
1953 - The "5" Royales
1954 - The Midnighters
1955 - Fats Domino
1956 - Fats Domino
1957 - Fats Domino
1958 - Chuck Berry
1959 - Lloyd Price

R&Bからソウル

 当サイトでは、ソウル・ミュージックについては、それほど多くはありませんが、主に南部のソウル・シンガーを取り上げています。南部のソウル・シンガーは、かなりブルースも歌います。

 サム・クックはブルージーなシンガーで、R&Bからソウル(特に、ディープなサザンソウル)へと、重要な役割を果たした人です。

 この時代(1960年頃)は、R&B(リズム&ブルース)が下火になり、R&R(ロックン・ロール)が出てきて、そのR&Rも徐々に下火になり、ロック・ミュージックが盛んになってきます。

 ブルースは、いろんな音楽に影響を与え、参考にされてきましたが、ロックとの結びつきもかなりあります。

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

ブルースの歴史など

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

 

ブルース・ロック
シャツ

bbキング

 

ブルース編1ブルース編2ブルース編3R&B編ソウル編話題のDVDなど|   | 前のページへ戻る

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--