パワーブルースのブルース・ブラザーズ

ブルース・ブラザーズのメンバー

ブルース・ブラザーズ・メニュー

ブルース・ブラザーズブルース・ブラザーズ・メンバースタックス・1前ページへ戻る
ブルース・ブラザーズ・2000紹介12000-22000-32000-4ブルース・ブラザーズ・2000のラストから
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

※主要なメンバー2人(Steve CropperとDonald 'Duck' Dunn)が在籍していたスタックス・レーベル他、名盤を5枚セットにした→ソウルの名盤(超お得版)

スタックス・サウンド

ブッカーT & ザ・MG’s (Booker T. & the MG's)

中核となるスタックスのリズム・セクション

 ブルース・ブラザーズの演奏って、どれを聴いてもセンスもいいし、安定感もあり、並々ならぬものを感じると思います。それもそのはずで、ドラム、ベース、ギター(クロッパー)の3人は、メンフィス・ソウルの「スタックス」レーベルの専属バンド「Booker T. & the MG's」のリズム・セクションで、「Booker T」以外の人をそのまま持ってきたのですから、当然と言えば当然です。

 もう一人のギターが、スーパー・ブルース・ギターのマット・マーフィーですから、これはもう、言う事なしの凄いバンドです。ホーン・セクションの人達は映画で初めて知ったのですが、いずれもハイレベルな人達であるのは、間違いありません。そんな人達を簡単に紹介したいと思います。

代表作はインストゥルメンタル曲のみの名盤

Green Onions

 グリーン・オニオン(Green Onions)
Booker T. & the MG's

 

Green Onions

 

収録曲

Green Onions」はヒットした曲です。ブルースでも、「サニーボーイ・ウィリアムソン・2」が「ヘルプ・ミー」と言う曲で、この曲のリフ・パターンを取り入れていて、これがまた良いです。「ジュニア・ウェルズ」もレパートリーにしてます。

このバンドの曲は全部インスト曲で、歌う事はありません。バックに徹している、職人的な集団です。リーダーの「Booker T Jones」はオルガン奏者です。

1. Green Onions
2. Rinky-Dink
3. I Got A Woman
4. Mo' Onions
5. Twist And Shout
6. Behave Yourself
7. Stranger On The Shore
8. Lonely Avenue
9. One Who Really Loves You
10. You Can't Sit Down
11. A Woman, A Lover, A Friend
12. Comin' Home Baby

 

 「The MG's」の前身は、「マーキーズ:The Mar-Keys」と言う白人で構成されたバンドで、それが、リズム担当の「The MG's」と、ホーン・セクションの「メンフィス・ホーン:Memphis Horns 」に分かれました。

マーキーズ

 60年代初頭のメンフィスで、最も人気のあった白人グループらしいですが、この頃のメンフィスは、BB・キングなどで有名な「ビール・ストリーターズ」なども聞くので、きっと面白い都市だったんでしょうね。地理的にも、アメリカの真中辺りと言う印象があります。

 オリジナルのマーキーズの解散後は、スティーヴ・クロッパーと、ドナルド・"ダック"・ダンは、ブッカー・T&ジ・MGズで活躍します。その後は、ブルース・ブラザースで再度有名になります。

メンフィス・ホーン

 メンフィス・ホーンも、実に多くのレコードに参加していて、アメリカでも、最も多くのセッションに参加しているのではと思えるほどです。超有名です。

 

Booker T. & The MG'sのベスト盤

The Very Best of Booker T. & the MG'sBooker T. & The MG's

The Very Best of Booker T. & the MG'sBooker T. & The MG's

The Very Best of Booker T. & the MG's

※当時のドラムは「Al Jackson」です。
1975年に彼が亡くなり、後任がブルース・ブラザーズのドラマー「Willie Hall」です。

1. Green Onions
2. Chinese Checkers
3. Groovin'
4. Soul Dressing
5. Boot-Leg
6. My Sweet Potato
7. Slim Jenkins' Place
8. Booker-Loo
9. Hip Hug-Her
10. Mo' Onions
11. Soul Limbo
12. Hang 'Em High
13. Time Is Tight
14. Mrs. Robinson
15. Slum Baby
16. Melting Pot

 スタックスのビッグ・ネームと言えば、「オーティス・レディング(Otis Redding)」や「サム・アンド・デイブ( Sam and Dave)」「ジョー・テイラー」などですが、ブルースマンでも「アルバート・キング」と「リトル・ミルトン」の超大物が所属して、ヒット曲などを出しています。

 

メンフィス・スタックス・ソウルの大スター

オーティス・レディング (Otis Redding)

Live in Europe

ライブ・イン・ヨーロッパ (Live in Europe)

1. Respect
2. Can't Turn You Loose
3. I've Been Loving You Too Long
4. My Girl
5. Shake
6. (I Can't Get No) Satisfaction
7. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)
8. These Arms of Mine
9. Day Tripper
10. Try a Little Tenderness

2曲目はブルースブラザーズがテーマソングにしてる曲で、こちらのオリジナルと、ほとんど同じにやってます。「6」と「9」では、それぞれローリング・ストーンズビートルズのナンバーをやってます。

サザンソウルの元祖「サム・クック」の後継者的な存在で、60年代ソウルでも特にビッグな存在です。1962年のデビュー曲「These Arms of Mine」がヒットし、スタックスと言うレーベルも有名になっていきます。

残念ながら、67年12月に飛行機墜落事故で亡くなりました。この時に同乗していた、バック・バンド「バーケイズ」のメンバーも亡くなっています。(6人中、4人が亡くなってます)

後にバーケイズはメンバー再構成して、上記のアルバート・キングのアルバムなどでも最高のバッキングをしています。

バーケイズは「スタックス」のハウス・バンドで、60年代に「ソウル・フィンガー」のヒットを出しています。このアルバムも良いアルバムです。事故後は再編成してブラック・ロック路線を歩みます。

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

 

 サザン・ソウル

サム・クック

オーティス・レディング

アレサ・フランクリン

 

 

 

 

アレサ・フランクリン

この映画では、マット・ギター・マーフィーの奥さん役をやっている「ソウルの女王」アレサ・フランクリンの最高のアルバムがかなり安くありました。

I Never Loved a Man the Way I Love You

Lady Soul [Atlantic/Rhino]
2枚セットで買えます。60年代のマスルショールズ録音の大傑作名盤です。

 

オーティス・レディング

ライブ・イン・ヨーロッパがありました。
Live in Europe

スタジオ盤ではこれが良いです。
Otis Blue: Sings Soul

 

バーケイズ

ソウル・フィンガーのアルバムありました。とても楽しい雰囲気です。
バーケイズ

 

 

Soul Finger

 

最近のアルバム

主に近年の Steve Cropperをブログで数枚取り上げてみました。

 

ブルースブラザーズTシャツ

 

ブルース・ブラザーズブルース・ブラザーズ・メンバースタックス・1前ページへ戻る
ブルース・ブラザーズ・2000紹介12000-22000-32000-4ブルース・ブラザーズ・2000のラストから

 

ページトップへ↑

--Copyright(C)2002-2008 yi355 All right reserved--