パワーブルース
 ホーム > ブルース > シカゴ > バディ・ガイ(ジュニア・ウェルズ)

バディ・ガイ(ジュニア・ウェルズ)(BUDDY GUY)

シカゴブルース・メニュー

1920年代~シティ50年代(マディ・ウォーターズ)バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズエルモア・ジェームス
アール・フッカーロバート・ロックウッド・ジュニア & サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡジェームス・コットン
ジミー・リード&エディ・テイラーフィリップ・ウォーカー
ウェストサイド80年代アン・アーバー・フェス|      |前のページへ戻る
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

70年代を代表する名コンビ(リーダー的なのはジュニア・ウェルズ)

エキサイティングなバディ・ガイ、クールなウェルズ

ディスコグラフィー

BUDDY GUY : Born:1936 
JUNIOR WELLS : Born:1934 : Died:1998

 バディ・ガイ(本名:ジョージ・ガイ)はルイジアナ州レッツワース(エクセル・レコードがあるバトンルージュの近く)で生まれ、10代まではここで育ったようです。ルイジアナと言っても、彼の曲にルイジアナ風なのを感じたことはありません。先に「シカゴ・ウェストサイド・ブルース」で取り上げた3人、オーティス・ラッシュマジック・サムフェントン・ロビンソンと比べると、ボーカルが若干大味かなと思いますが、ギターは『速弾き』と言われた名手です。

 17歳頃からギターを弾き始めたらしいですから、そんなに早い方ではないですね。確かに彼は速弾きと言われますが、謙虚な言葉が多く「ラッシュやサムは上手く弾けたけど、俺はそうではなかった」などの、自信無さそうな発言があったのを憶えています。ジュニア・ウェルズとやる時も「ゴー」のサインが出るまではオトナシイ感じがします。かなりシャイな感じで良い人ですね。その反動でステージでは派手にやるみたいな・・・。

 バディ・ガイも他の同世代の人と同じように、影響を受けた人として、アーバン・ブルースの「ティー・ボーン・ウォーカー」は当然としても、「ライトニン・ホプキンス」「ジョン・リー・フッカー」を上げています。この二人はエレクトリック、アコースティック、アーバン、カントリーの関係無く人気があったんですね。あと「ギター・スリム」もそんな人ですね。

 57年にシカゴへ移り、翌年にはマジック・サムの紹介で「コブラ・レコード」の社長「イーライ・トスカーノ」に会い、初レコーディングをします。「SIT AND CRY (THE BLUES)」「TRY TO QUIT YOU BABY」「YOU SURE CAN'T DO」「THIS IS THE END」の4曲で、もろにB・B・キングの影響と言う感じで、「YOU SURE CAN'T DO」はギター・スリムそのままみたいです。でも若さが溢れ、切れの良さなどはあり良いテイクだと思います。マジック・サムもこの前年にコブラで録音しています。

 1959年にコブラ・レコードが倒産して、元々の目標だったチェスと契約します。チェスには1960年から1967年まで在籍し、"First Time I Met The Blues"を始め、初期の代表作をリリースしました。

 アルバムは、70年代まではコンスタントに出していて、ジュニア・ウェルズのアルバムでもかなり聴く事が出来ます。80年代はほとんど聴いていませんが、90年代にカムバックした"DAMN RIGHT, I'VE GOT THE BLUES"は好盤だと思います。若き日のジミ・ヘンドリックスも彼のファンでした。

 ジュニア・ウェルズ(本名:エイモス・ブラックモア: Amos Blackmore)は1934年アーカンソー州ウェスト・メンフィス生まれで、46年にはシカゴに出ており、まだ14歳の時に「ビッグ・メイシオ」「タンパ・レッド」のところでもハープを吹いていたというのですから、かなりのものだったと思います。

 4歳くらい年長のリトル・ウォルターの影響を受けている感じですが、サニーボーイ・ウィリアムソン二世のような、生の音に近いハープも良いと思います。50年頃にエイシズを結成しますが、リトル・ウォルターにエイシズを取られたと聞きます。

 どんな経緯かはわかりませんが、そんな頃にマディ・ウォーターズのバンドに参加しています。まだ17歳くらいですから、本当にすごい実績です。ウェルズもさることながら、マディ・ウォーターズのバンドは改めて凄いメンバーを揃えていたなと思いますね。ハープだけでも「ビッグ・ウォルター」「リトル・ウォルター」「ジェームス・コットン」「ジョージ・スミス」などもいますしね。

 1998年に亡くなりましたが、直前に「ブルース・ブラザーズ2000」にも出演してました。歌もうまいし、ハープも良いし、ステージングも格好良くて、本当に素晴らしいブルースマンです。

 バディ・ガイの一押しアルバムですが、右のアナログLPの1~3曲目までが入っていません。ほかの10曲が聴けます。
I Was Walking Through the Woods 

1.WATCH YOURSELF
2.STONE CRAZY
3.I FOUND A TRUE LOVE
4.FIRST TIME I MET THE BLUES
5.LET ME LOVE YOU BABY
6.NO LIE
7.I GOT A STRANGE FEELING
8.MY TIME AFTER AWHILE
9.TEN YEARS AGO
10.BROKEN-HEARTED BLUES

 

コブラでの初録音が入っているのがあります。いろんなレコード会社の編集があるので、重複や不足があり上手く行きませんが、曲目を掲載しておきます。右と上の曲目と照らし合わせて下さい。
イン・ザ・ビギニング
In the Beginning (1958/64)

1.SIT AND CRY (THE BLUES)
2.TRY TO QUIT YOU BABY
3.YOU SURE CAN'T DO
4.THIS IS THE END
この4曲がコブラの初録音

5.BROKEN HEARTED BLUES
6.SLOP AROUND
7.FIRST TIME I MET THE BLUES
8.I GOT MY EYES ON YOU
9.STONE CRAZY
10.SKIPPIN' [INSTRUMENTAL]
11.WHEN MY LEFT EYE JUMPS
12.TREASURE UNTOLD
13.MY TIME AFTER AWHILE
14.I DIG YOUR WIG

ベスト・オブ・バディ・ガイ

THE BEST OF BUDDY GUY (CHESS )
196*年

THE BEST OF BUDDY GUY (CHESS )

A:
1:I SUFFER WITH THE BLUES
2:WHEN MY LEFT EYE JUMPS
3:MOTHER-IN-LAW BLUES
4:WATCH YOURSELF
5:STONE CRAZY
6:I FOUND A TRUE LOVE
B:
1:FIRST TIME I MET THE BLUES
2:LET ME LOVE YOU BABY
3:NO LIFE
4:I GOT A STRANGE FEELING
5:MY TIME AFTER A WHILE
6:TEN YEARS AGO
7:BROKEN-HEARTED BLUES

デビュー盤ですが、彼の個性が全開の、エキサイティングなアルバムです。スローブルーズは特に良いです。代表曲と言えるのがほとんど聴かれます。

左に、売られているCDの曲を掲載しましたが、2枚だと少し重複がありますね。

ジャパン・ライブ
バディ&ウェルズ

LIVE RECORDING AT YUHBIN-CHOKIN HALL (BOURBON )

LIVE RECORDING AT YUHBIN-CHOKIN HALL (BOURBON ) 1975年

A:
1:LET ME LOVE YOU, BABY
2:HOW BLUE CAN YOU GET
3:HIGH-HEEL SNEAKERS
4:ONE ROOM COUNTRY SHACK
B:
1:FIRST TIME I MET THE BLUES
2:STONE CRAZY
3:FEVER (WORK SONG)
4:COME ON HOME TO ME BABY
5:ROCK ME BABY
C:
1:LITTLE BY LITTLE
2:STOP BREAKIN' DOWN
3:DON'T GO NO FURTHER
4:LOOK OVER YONDER'S WALL
5:SNATCH IN BACK AND HOLD IT
D:
1:HELP ME DARLING
2:HOOCHI COOCHI MAN
3:SOMEDAY BABY
4:WATERMAN BLUES (inst.)
5:MESSIN' WITH THE KID

75年の日本ライブですが、これがライブとしてはまとまっています。バディの歌、ギターが程良くバランスがとれていて、良いと思います。エグいライブはバンガード盤や、ウェルズのライブで聴いて下さい。

C面からは、ジュニア・ウェルズがメインになります。サックスでAC・リードが参加していますが、私はこの人の参加したアルバムが好きです。アール・フッカーアルバート・コリンズともよくやっています。

ア・マン・アンド・ザ・ブルース

A MAN AND THE BLUES

A Man and the Blues

 

 

ページトップへ↑

A MAN AND THE BLUES (VANGARD)
1968年

A:
1:A MAN AND THE BLUES
2:I CAN'T QUIT THE BLUES
3:MONEY (THAT'S WHAT I WANT)
4:ONE ROOM COUNTRY SHACK
5:MARY HAD A LITTLE LAMB
B:
1:JUST PLAYING MY AXE
2:SWEET LITTLE ANGEL
3:WORRY, WORRY
4:JAM ON A MONDAY MORNING

チェスからヴァンガードに移籍して、最初のアルバム。68年頃の録音で、ピアノにオーティス・スパン、ベースはいつものジャック・マイヤーズ、ドラムにフレッド・ベロウ、そしてリズム・ギターがウェイン・ベネットと言う強力なメンバーです。

バディのギターはストラトキャスター独特のハーフトーンを強調した、かわいい感じのする音で、クリアーな音だけにうまさを見直しました。良いアルバムです。

この後、ヴァンガード2枚目の「ライブ盤」は少しヴォーカルの荒さが目立ち、あまり好きではありませんが、下にご紹介する3枚目はなかなか良いです。

ホールド・ザット・プレイン

ホールド・ザット・プレイン

Hold That Plane

HOLD THAT PLANE (VANGARD)
1972年

1.WATERMELON MAN
2.HOLD THAT PLANE
3.I'M READY
4.MY TIME AFTER AWHILE
5.YOU DON'T LOVE ME
6.COME SEE ABOUT ME
7.HELLO SAN FRANCISCO

これはCD盤の曲順です。スタジオ録音ですが、長めの曲作りでアナログ盤ではA面4曲、B面3曲です。69年の録音で、テナー・サックスにいつものAC・リードが入り、私としては嬉しいところです。と言うよりこの頃から日本ライブ、ヨーロッパ・ツアー、アルバム製作と行動を共にするんですね。

ジャケットの写真ではセミアコを持ってますが、「ア・マン・アンド・ザ・ブルース」とはかなり音が変わり、ハードな印象になってます。スロー・ブルースもじっくり歌っていて、聴かせます。

ピアノがジャズの「ジュニア・マンス」と言う事ですが、元々ブルージー、アーシーと言われる人で、素晴らしいピアノです。オーティス・スパンと聴き比べるのも面白いです。スパンはさりげなくリーダーを引き立てる感じで、マンスはインタープレイで盛り上げる感じでしょうか。

 

バディ&ウェルズ
プレイ・ザ・ブルース

PLAY THE BLUES (ATCO)

雰囲気最高です。
Buddy Guy & Junior Wells Play the Blues

BUDDY GUY & JUNIOR WELLS PLAY THE BLUES (ATCO) 1972年

A:
1:A MAN OF MANY WORDS
2:MY BABY SHE LEFT ME
(SHE LEFT ME A MULE TO RIDE)
3:(a)COME ON IN THIS HOUSE
--(b)HAVE MARCY BABY
4:T-BONE SHUFFLE
5:A POOR MAN'S PLEA
B:
1:MESSIN' WITH THE KID
2:THIS OLD FOOL
3:I DON'T KNOW
4:BAD BAD WHISKEY
5:HONEYDRIPPER

70年~72年の録音で、全体に軽いノリの曲が多く、リラックス感があり気持ち良いです。エリック・クラプトンあたりも参加しています。クラプトンが参加したセッションの中では、特に良い感じの一枚だと思います。

ダム・ライト・アイヴ・ガット・ザ・ブルース

DAMN RIGHT, I'VE GOT THE BLUES

ジェフ・ベックのギターはロック・ファン必聴です。
Damn Right, I've Got the Blues

ページトップへ↑

DAMN RIGHT, I'VE GOT THE BLUES (SILVERTONE) 1991年

1:DAMN RIGHT, I'VE GOT THE BLUES
2:WHERE IS THE NEXT ONE COMING FROM
3:FIVE LONG YEARS
4:MUSTANG SALLY
5:THERE IS SOMETHING ON YOUR MIND
6:EARLY IN THE MORNING
7:TOO BROKE TO SPEND THE NIGHT
8:BLACK NIGHT
9:LET ME LOVE YOU BABY
10:REMEMBERIN' STEVIE

91年のアルバムで、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン等の参加があり、バディ自身も久々に乗っている感じの好盤です。年齢を感じさせない歌、ギターが聴けただけでも嬉しいですが、出来も良いです。

 

フィールス・ライク・レイン

Feels Like Rain

Feels Like Rain

Feels Like Rain (SILVERTONE) 1993年

1. She's A Superstar
2. I Go Crazy
3. Feels Like Rain
4. She's Nineteen Years Old
5. Some Kind Of Wonderful
6. Sufferin' Mind
7. Change In The Weather
8. I Could Cry
9. Mary Ann
10. Trouble Man
11. Country Man

1991年のアルバムに続き、快調なバディ・ガイです。ここに来てベテランが充実したアルバムをリリースしてきました。元々ロック的なアプローチのギターでしたが、何か時代のニーズに合った感じがします。

ジュニア・ウェルズ
フードゥー・マン ・ブルース

HOODOO MAN BLUES

Hoodoo Man Blues

HOODOO MAN BLUES (DELMARK)
1965年

A:
1:SNATCH IT BACK AND HOLD IT
2:SHIPS ON THE OCEAN
3:GOOD MORNING SCHOOLGIRL
4:HOUND DOG
5:IN THE WEE WEE HOURS
6:HEY LAWDY MAMA
B:
1:HOODOO MAN BLUES
2:EARLY IN THE MORNING
3:WE'RE READY
4:YOU DON'T LOVE ME, BABY
5:CHITLIN CON CARNE
6:YONDER WALL

同じくジュニア・ウェルズですが、私自身がジュニア・ウェルズのファンでして、歌、ハープ共にかなりの人だと思います。ハーピストでは一番よく聴きます。若い頃の、アール・フッカーのアルバム参加などもいいです。

コンスタントにいいアルバムが出ていると思います。ブルースブラザーズ2000では、クラブで歌っていたのが彼です。あれから間もなく他界しました。私には、いつ迄経っても『キッド』と言うイメージなのですが・・・・

ジュニア・ウェルズ
オン・タップ

JUNIOR WELLS ON TOP (DELMARK)

オン・タップ

 

ヴァンガード時代のベスト盤がありました。
Best of the Vanguard Years

この頃のジュニア・ウェルズは充実しています。

JUNIOR WELLS ON TAP (DELMARK)
1974年

A:
1:WATCH ME MOVE
2:SOMEDAY BABY
3:KEY TO THE HIGHWAY
4:WHAT MY MAMA TOLD ME
B:
1:YOU GOTTA LOVE HER WITH A FEELING
2:THE TRAIN I RIDE
3:SO LONG
4:JUNIOR'S THING

これはジュニア・ウェルズのアルバムですが、この頃のバディ・ガイはウェルズのアルバムのほとんどに参加していて、ベースのジャック・マイヤース(エイシスのマイヤース兄弟の従兄弟)と共に、ある種、異様な世界を作り出しています。

多少の慣れが必要ですが、ハマると抜けられない世界です。ウェルズの相棒ギタリストバディ・ガイに加え、サミー・ローホーンも参加した強力なシカゴ・ブルース・バンド。この頃のウェルズはコンスタントに良いアルバムを出し続けました。この人は悪いと感じた事は無いですね。

ハーピストでは「ジェームス・コットン」と共に、70~80年代のフェイバリットです。ファンク・ナンバーもカッコ良いです。バディ・ガイとのコンビは有名ですが、特にベース、ドラムの4人でやってる時のアルバムはシンプル・ストレートな魅力一杯です。勿論、A・C・リードのサックス、オーティス・スパンなどのピアノ入りも好きです。

サイト内を検索

カタカナ・英語でどうぞ

Google


WWW を検索
パワー・ブルース内検索

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

 

ジュニア・ウェルズ

1953-54年のウェルズの初録音の頃。エイシスとの録音と、リトル・ウォルターの後釜として加入したマディ・ウォーターズ・バンドとの録音が聴ける貴重盤です。この時期もひじょうに良いです。
Blues Hit Big Town

1.Hoodoo Man
2.Cut That Out
3.Junior's Wail
4.Tomorrow Night
5.Ways Like an Angel
6.Eagle Rock
7.Please Throw This Poor Dog a Bone
8.Blues Hit Big Town
9.Lord, Lord
10.'Bout the Break of Day
11.So All Alone
12.Can't Find My Baby [#]
13.Please Throw This Poor Dog a Bone [Alternate Take][#]
14.Junior's Wail [Alternate Take][#]
15.Eagle Rock [Alternate Take]
16.Lord, Lord [Alternate Take][#]
17.Blues Hit Big Town [Alternate Take][#]

メッシン・ウィズ・ザ・キッド~ザ・チーフ/プロファイル/USAレコーディングス1957-63

この後の、チーフ時代のギターは、名人アール・フッカー

South Side Blues Jam
1969年

サウスサイド・ジャム

おそらく「オーティス・スパン」の亡くなる前の、最後かその前のセッション。ギターはバディとルイス・マイヤースで、ドラムはフレッド・ベロウ、ベースにアーネスト・ジョンソン。ウェルズとしては、オーソドックスなシカゴ・ブルースの印象です。

Live Around the World

ライブ・ベスト
Live Around the World

亡くなる1年~2年前のライブの編集盤で、日本でのライブも3曲あります。最後までうまい人でした。

Harp Attack

Harp Attack

Harp Attack

ジュニア・ウエルズ、ジェームス・コットン、キャリー・ベルのベテラン3人に若手ビリー・ブランチの、ブルース・ハーピスト・コラボ。

 

 

 

ページトップへ↑

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--