パワーブルース
 ホーム > ブルース > シカゴ > アール・フッカー

アール・フッカー (EARL HOOKER)

シカゴブルース・メニュー

1920年代~シティ50年代(マディ・ウォーターズ)バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズエルモア・ジェームス
アール・フッカーロバート・ロックウッド・ジュニア & サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡジェームス・コットン
ジミー・リード&エディ・テイラーフィリップ・ウォーカー
ウェストサイド80年代アン・アーバー・フェス|     |前のページへ戻る
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

アール・フッカーのスタイル

スライド・ギター、ワウ・ワウ・ペダルのギター職人

Born:1930 : Died:1970

若くして亡くなりましたが、ブルーズマンがこぞって絶賛するギタリストです。1930年ミシシッピー州クラークスディル生まれで1歳の時にシカゴに移っていますから、ほとんどシカゴ出身みたいなものですね。15歳頃からギターを始め、「ロバート・ナイトホーク」に直接指導を受けたらしいです。

ジョン・リー・フッカー」の従兄弟でもあります。ジョン・リー・フッカーは歌がうまいですが、アール・フッカーはあまり上手くなく、インストゥルメンタルが得意です。「ブルー・ギター」などのインスト・ヒットもあり、スライド・ギターやワウ・ペダルも上手な人で、独自のギター・スタイルを築きました。1970年に40歳で亡くなりました。

彼はシカゴで活動するブルースマン同士の間でも評価の高いギタリストで、俗に言う玄人受けする人でした。どれだけ上手いかと言うと、バディ・ガイがスライドギターをやろうと思っていて、アール・フッカーのライブかスタジオで、スライド・プレイを生で見る機会があり、それがあまりに見事で「やる気が失せた」と言うくらいで、他にもオーティス・ラッシュ、マイティ・ジョー・ヤングと言った大物が、彼の影響を受けた演奏をしていたと言う事です。

録音は1952年にフロリダのスタジオでやったのが最初で、53年頃はメンフィスなどでも録音しています。60年頃からが私の聴いてるもので、とにかく沢山出ていてレーベルだけでも、ビー&ベイビー、チーフ、エイジ、メル・ロン、ブルーズウェイなど多く、全部はわかりません。

ギブソンSGのダブル・ネックを愛用していますが、6弦と12弦にしているようです。余談ですが南部のブルースマンは楽器が買えないと、自分で釘や針金を使いギターのような楽器(ディドリー・ボー)を作ってしまいます。ギターに限らず何でも楽器にするのが彼等の文化でもあります。それに個性を重視しますから、デザイン、機能なども独自の工夫をします。

アール・フッカー
(EARL HOOKER)

TWO BUGS & A ROACH(1966)

これはありました。ボーナストラックがありますから、かなりお得です。16曲も入ってます。2枚分と言うことですね。
グランド・マスター・オブ・...

 

EARL HOOKER

TWO BUGS & A ROACH

 

TWO BUGS & A ROACH
(1966年録音と思ってましたが、68年のようです)

A:
1:ANNA LEE
2:OFF THE HOOK
3:LOVE AIN'T A PLAYTHING
4:YOU DON'T WANT ME
B:
1:TWO BUGS AND A ROACH
2:WAH WAH BLUES
3:YOU DON'T LOVE ME
4:EARL HOOKER BLUES

彼は肺結核で亡くなったのですが、この頃はまだ元気そうで、ファンキーを取り入れた、切れの良いギターが存分に聴かれます。 ギターの音から録音の全体の音も良く、また、参加しているヴォーカリストも好みで、彼のベスト・アルバムと思います。

 

※下は輸入盤になりますが、6曲追加されたCD盤です。どちらがお得かは、悩むところではありますね。

1. Two Bugs And A Roach
2. Wah Wah Blues
3. You Don't Love Me
4. Earl Hooker Blues
5. Anna Lee
6. Off The Hook
7. Love Ain't A Plaything
8. You Don't Want Me
9. The Hook
10. New Sweet Black Angel (Instrumental)
11. I'm Going Down The Line
12. Sweet Black Angel
13. Guitar Rag
14. Earl's Boogie Woogie

 

アール・フッカー
(EARL HOOKER)

DON'T HAVE TO WORRY

DON'T HAVE TO WORRY
(BLUES WAY):(1969)

A:
1:THE SKY IS CRYING
2:HOOKIN'
3:IS YOU EVER SEEN A ONE-EYED WOMAN CRY ?
4:YOU GOT TO LOSE
5:BLUE GUITAR
6:FOOT RACE
B:
1:MOANIN' AND GROANIN'
2:UNIVERSAL ROCK
3:LOOK OVER YONDER'S WALL
4:DON'T HAVE TO WORRY
5:COME TO ME RIGHT AWAY, BABY
6:THE SKY IS CRYING

亡くなる1年前の録音ですが、もう歌う方は苦しいらしく、あまり歌っていませんが、ギターは相変わらず素晴しいです。死期をさとっていたようで、この時期はかなり録音を続けたとか。

アール・フッカー
(EARL HOOKER)

BLUE GUITAR

ジュニア・ウェルズも参加してるチーフ/エイジ時代で、30曲近くが淡々と流れていく感じで、最近はよく聴く一枚です。
ブルーギター~チーフ /エイジ

BLUE GUITAR
(THE CHIEF/AGE/U.S.A. SESSIONS) (1960-1963)

1.WILL MY MAN BE HOME TONIGHT
(VOCAL BY LILLIAN OFFITT)
2.OH MAMA
(VOCAL BY LILLIAN OFFITT)
3.CALLING ALL BLUES(INSTRUMENTAL)
(WITH JUNIOR WELLS)
4.SWEAR TO TELL THE TRUTH(
VOCAL BY HAROLD TIDEWELL)
5.GALLOPING HORSES A LAZY MULE
(WITH JUNIOR WELLS)
6.BLUES IN D NATURAL(INSTRUMENTAL)
7.UNIVERSAL ROCK(INSTRUMENTAL)
(WITH JUNIOR WELLS)
8.APACHE WAR DANCE
9.ROCKIN’WITH KID(INSTRUMENTAL)
10.ROCKIN’WILD(INSTRUMENTAL)
11.THIS LITTLE VOICE(VOCAL BY A.C.REED)
12.I WANNA BE FREE(VOCAL BY A.C.REED)
13.THAT AIN'T RIGHT(VOCAL BY A.C.REED)
14.BLUE GUITAR(INSTRUMENTAL)
15.HOW LONG CAN THIS GO ON(INSTRUMENTAL)
16.NOTHING BUT GOOD(INSTRUMENTAL)
(WITH REGGIE BOYD)
17.THESE COTTON PICKIN' BLUES(INSTRUMENTAL)
18.OFF THE HOOK(INSTRUMENTAL)
19.THAT MAN
20.THE BRIGHT SOUND(INSTRUMENTAL)
21.WIN THE DANCE
22.YOU'D BETTER BE SURE(VOCAL BY RICKY ALLEN)
23.CRYING BLUES(VOCAL BY A.C.REED)
24.I STAY MAD(VOCAL BY A.C.REED)
25.LOTTA LOVIN’(VOCAL BY A.C.REED)
26.THE LEADING BRAND(INSTRUMENTAL)
27.WANT YOU TO ROCK ME
(VOCAL BY JACKIE BRENSTON)
28.LITTLE BY LITTLE(VOCAL BY RICKY ALLEN)
29.DON'T YOU EVER FORGET IT
(VOCAL BY RICKY ALLEN)

60年代前半のチーフ/エイジ時代の作品を集めたアルバムで、自由に弾きまくる名人芸が、すでに完成されれいます。 ジュニア・ウェルズのハープも最高で、A・C・リードの歌まで聴かれます。インスト曲がかなりあります。

サイト内を検索

カタカナ・英語でどうぞ

Google


WWW を検索
パワー・ブルース内検索

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

ページトップへ↑

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--