パワーブルース
 ホーム > ブルース > シカゴ > フィリップ・ウォーカー

フィリップ・ウォーカー(PHILLIP WALKER)

シカゴブルース・メニュー

1920年代~シティ50年代(マディ・ウォーターズ)バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズエルモア・ジェームス
アール・フッカーロバート・ロックウッド・ジュニア & サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡジェームス・コットン
ジミー・リード&エディ・テイラーフィリップ・ウォーカー
ウェストサイド80年代アン・アーバー・フェス|     |前のページへ戻る
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

フィリップ・ウォーカー(PHILLIP WALKER)の周辺

ルイジアナ・ブルース

前ページのエディ・テーラーのアルバムでもギターで参加していたフィリップ・ウォーカーです。彼のスタイルはルイジアナ・ブルースと言われますが、ルイジアナ・ブルースを私自身うまく説明できません。

ゲイト・マウス・ブラウンもルイジアナ・ブルースと言われたりします。確かに隣の州ですし、テキサス州ヒューストンも州境から近いです。古い頃は特徴がはっきりとあったのかも知れませんが、以下のアルバムのように60年代から70年代くらいになると、シカゴ・ブルースと変らない感じがします。

とにかく良いアルバムですので、御紹介します。ここでは取り上げていませんが、スリム・ハーポと言う人も良いです。

フィリップ・ウォーカー
ボトム・オブ・ザ・トップ

THE BOTTOM OF THE TOP

ボトム・オブ・ザ・トップ

THE BOTTOM OF THE TOP
PHILLIP WALKER
(PLAY BOY:1973)

A:
1:I CAN'T LOSE
2:TIN PAN ALLEY
3:HELLO, CENTRAL
4:HELLO, MY DARLING
5:LOUGHING & CLOWNING
B:
1:CRAZY GIRL
2:IT'S ALL IN YOUR MIND
3:THE BOTTOM OF THE TOP
4:HEY, HEY, BABY'S GONE
5:CRYING TIME

フィリップ・ウォーカー
サムデェイ・ユール・ハブ・ディーズ・ブルース

SOMEDAY YOU'LL HAVE THESE BLUES

サムデイ・ユール・ハヴ・ディーズ・ブルース

 

SOMEDAY YOU'LL HAVE THESE BLUES
PHILLIP WALKER
(JOLIET:1976)

A:
1:SOMEDAY YOU'LL HAVE THESE BLUES
2:BEAUMONT BLUES
3:BREAKIN' UP SOMEBODYS HOME
4:MAMA'S GONE
5:WHEN IT NEEDS GETTIN' DONE
B:
1:SURE IS COLD
2:PART TIME LOVE
3:EL PASO BLUES
4:DON'T TELL ME
5:IF WE CAN FIND I

安定感を感じる歌とギターです。この時代の特徴ですが、ファンク的な曲やソウル曲も織り交ぜています。

フィリップ・ウォーカー
ブルース

BLUES

Blues

BLUES
PHILLIP WALKER
(HIGHTONE:1988)

1:HOW MANY MORE YEARS
2:90 PROOF
3:WHAT'D YOU HOPE TO GAIN
4:WHAT DID I DO WRONG
5:DON'T BE AFRAID OF THE DARK
6:BIG REAR WINDOW
7:HER OWN KEYS
8:TALK TO THAT MAN
9:SOMETIME GIRL
10:I HAD A DREAM

ロバート・クレイがカヴァーした「DON'T BE AFRAID OF THE DARK」はこちらが好きです。

ロンサム・サンダウン
ビーン・ゴーン・トゥー・ロング

BEEN GONE TOO LONG

ありました。ブルースも良く、2曲入ってるソウル・バラードもうまいです。名盤!
Been Gone Too Long

BEEN GONE TOO LONG
LONESOM SUNDOWN
(JOLIET:1976)

A:
1:THEY CALL ME SUNDOWN
2:ONE MORE NIGHT
3:LOUISIANA LOVER MAN
4:DEALIN' FROM THE BOTTOM OF THE DECK
5:MIDNIGHT BLUES AGAIN
B:
1:JUST GOT TO KNOW
2:BLACK CAT BONE
3:I BETCHA
4:YOU DON'T MISS YOUR WATER
5:IF YOU AIN'T BEEN TO HOUSTON

本名は確か「コーネリアス・グリーン」だったと思います。フィリップ・ウォーカーと共に来日するはずでしたが、都合により来日しなかった人です。

当時はこの人の方がメインと考えていたので、非常にがっかりしましたが、帯同したジョージ・スミスも良くて、ライブそのものは楽しめました。

この人は落ち着きのある渋いボーカルとギターで、かなりレベルが高いです。あまり活動はしなかったみたいですが、「YOU DON'T MISS YOUR WATER」など、ソウル・ナンバーを歌ってもハマッテます。

ジョージ・スミス
ブローイン・ザ・ブルース

BLOWIN' THE BLUES

ブローイン・ザ・ブルースは見つかりませんが、これから5曲入っていて、14曲入りを見つけました。内容は充分に良いです。ハープが好きな人は必聴盤。
Now You Can Talk About Me

他のが一枚ありました。内容は判断しかねますが、50年代中期「RPM」レーベルに吹き込んだ傑作。
ウーピン・ドゥーピン・ブル...

BLOWIN' THE BLUES
GEORGE SMITH

A:
1:BLOWING THE BLUES
2:YES BABY
3:SOMETIME YOU WIN WHEN YOU LOSE
4:GOOD THINGS
5:YOU CAN'T UNDO WHAT'S BEEN DONE
6:NOBODY KNOWS
B:
1:TIGHT DRESS
2:TIMES WON'T BE HARD ALWAYS
3:LOOSE SCREWS
4:AS LONG AS I LIVE
5:BROWN MULE

この人はとてもゴツくて、怖い感じでしたが、かなり繊細なハープを吹きます。大好きなハーピストのひとりです。歌・ハープともにいけます。

60年代の録音を編集したこのアルバムもかなりの名盤です。マディ・ウォーターズのバンドにもいたことがあるベテランですが、日本に紹介されたのはかなり遅かったです。

クリフトン・シェニエ・バンド
バイヨー・ブルース

BAYOU BLUES

このアルバムがありました。
バイユー・ブルース

輸入盤
BAYOU BLUES

BAYOU BLUES (SPECIALTY)
CLIFTON CHENIER (1955)

A:
1:BOPPIN' THE ROCK
2:THE THINGS I DID FOR YOU
3:YESTERDAY
4:CLIFTON'S SQUEEZE-BOX BOOGIE
5:I'M ON MY WAY - PART 1
6:EH, PETITE FILLE
B:
1:ALL NIGHT LONG
2:OPELOUSAS HOP
3:I'M ON MY WAY - PART 2
4:THINK IT OVER
5:ZODICO STOMP
6:THE CAT'S DREAMIN'

50年代にフィリップ・ウォーカーが在籍していた『クリフトン・シェニエ・バンド』のアルバムですが、アコーディオンウォッシュ・ボードが独特の雰囲気を作っています。

言葉もフランス語なのか、それとも造語なのかわかりませんが、独特な歌詞です。ザディコ・ミュージックと言われますが、『ゲイト・マウス・ブラウン(ゲート・マウス・ブラウン)』のライナー・ノーツでも、よくザディコと言う言葉を見ます。私自身はほとんど知りませんので、説明は省略しますが、面白いので1枚くらいは聴いてみて下さい。

ちなみに、「バイヨー(バイユー)」と言うのは、南部に多い湿地帯のことです。 白人カントリーで有名な「ジャンバラヤ(ハンク・ウィリアムス)」の歌詞にも出てきますね。

クリフトン・シェニエ・バンド
ブガルーサ・ブギー

BOGALUSA BOOGIE

これもありましたね。
ボガルーサ・ブギ

輸入盤
BOGALUSA BOOGIE

BOGALUSA BOOGIE
CLIFTON CHENIER
(ARHOOLIE:1976)

A:
1:ONE STEP AT A TIME
2:SA M'APPLE FOU (THEY CALL ME CRAZY)
3:QUELQUE CHOSE SUR MON IDEE(SOMETHING ON MY MIND)
4:RIDE 'EM COWBOY
5:MA MAMA MA DIT(MY MAMA TOLD ME)
6:JE ME REILLER CE MATIN (I WOKE UP THIS MORNING)
B:
1:ALLONS A GRAND COTEAU
2:JE SUIS EN RECOL TEUR (I'M A FARMER)
3:TI NA NA
4:COME GO ALONG WITH ME
5:BOGALUSA BOOGIE

同じくクリフトン・シェニエ・バンドです。左の人が体に掛けているのがウオッシュ・ボードです。古くはジャグ・バンドなどでも使われていました。

最近の日本では見かけませんが、日本語では洗濯板です。昔はこれと固形石鹸で洗濯をしていました。私も30年以上見たことないです。

サイト内を検索

カタカナ・英語でどうぞ

Google


WWW を検索
パワー・ブルース内検索

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

ページトップへ↑

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved---