パワーブルース

スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

フレディー・キング(Freddie King)

フレディー・キング(Freddie King)のおすすめ盤

ブルース・ロック・ファンクどれも良い

Born:1934 : Died:1976

 ライブ盤について、ブログに書きました。 フレディー・キングの音

 ***********************************

 いつでも気合で歌い弾くフレディー・キング(本名:フレディ・クリスチャン)は、三大キングの中では一番若く、他の二人よりも10才くらい年下です。しかし、76年に42才の若さで他界しました。10才も年下でありながら、60年代のアーバン・ブルースでも特にビッグな存在である「アルバート・キング」「ビー・ビー・キング」と同列で『三大キング』と呼ばれたのですから、やはり凄い人です。

 年齢的には、オーティス・ラッシュバディ・ガイマジック・サムといった、主にシカゴ・ウエストサイドで活動したブルースの世代で、実際この人も仲間だったようです。シカゴ・ブルースの第二世代と言ったりします。

 スタイルはB B キングの影響下にありますが、かなり攻撃的なギターを個性としています。インストゥルメンタルのヒットもあり、ギターへのこだわりはかなりのものです。レーベルを替りながら、スタイルを変えていきますが、最終的にはファンク味のロックという感じになりました。それがまた、一番イキイキとしています。

 フレディ・キングはテキサス州ギルマーで生まれ育ち、ブラインド・レモン・ジェファーソン(Blind Lemon Jefferson)やライトニン・ホプキンス(Lightnin' Hopkins)といったカントリー・ブルースを聴いて育ったようですが、16歳くらいの時にシカゴに引越したようで、まさにマディ・ウォーターズ達が作り出すシカゴ・バンド・ブルースが全盛の頃です。当時はほとんどB・B・キングのフォロワーと言う感じで、オーディションでも似すぎていると言う理由で落とされたそうです。

 子供の頃(6歳頃)からギターを弾いていたようで、テキサスらしく「ティー・ボーン・ウォーカー」「ライトニン・ホプキンス」「ジョン・リー・フッカー」と言ったところを聴いていたようで、このあたりは同じテキサス出身のアルバート・コリンズと同じです。デルタ・スタイルでは「マディ・ウォーターズ」を聴いていたようです。

 「ブラインド・レモン・ジェファーソン」はティー・ボーン・ウォーカーが子供の頃に街頭で手を引いていたくらいですから別格として、アーバン・ブルースのエレクトリック・ギターとして「ティー・ボーン・ウォーカー」と、カントリー・ブルースのアコースティック・ギターとして「ライトニン・ホプキンス」の人気と影響は絶大です。テクニックとしてだけではなく、スピリッツのようなものですね。

 1954年にシカゴへ引越してウエスト・サイドでオーティス・ラッシュやマジック・サム達と親しくなり、一緒にプレイしたりしていたようです。マディ・ウォーターズ達のサウス・サイドよりも新しいサウンド(アーバン・スタイル)が出来上がり、ルーサー・アリスンなども参加してきます。

 1950年頃にもマディに会いたくてシカゴに出て、ジミー・ロジャースやエディ・テイラーとは馴染みになっていたようです。「Chess」などでレコーディング(バッキング・メンバーかな?)をしたようですが、一躍有名になるのは「Federal Records」時代で、1960年の「Have You Ever Loved a Woman.」からです。

 60年代初期にはフレディー・キングの得意とするインストゥルメンタルも録音し、かなりのヒット曲を出しています。最初のヒット「ハイダウェイ(Hide Away)」は、1961年のビルボードチャートで29位になったほどです。この頃のフレディ・キングはアメリカやイギリスの若いロック・プレーヤー達に、もの凄いインパクトを与えました。

 1968年には「Atlantic Records」傘下の「Cotillion」と契約。70年に「Shelter Records」、74年の「RSO 」と契約、1976年に心臓麻痺で42歳で亡くなりました。

 ※私は、主にフレディー・キングと書いてますが、フレディ・キングと書く人も沢山います。ある時期から名前の綴りが「FREDDY」から「FREDDIE」に変わります。一応、対応して書いてるところと、対応していないところがありますが、どちらもフレディー(フレディ)・キングです。ジャケットなどで確認してください。

フレディー・キング (1977年)

フレディー・キング(FREDDIEKING 1934-1976)

MY FEELING FOR THE BLUES

フレデイー・キング1934-1976
FREDDIE KING 1934-1976

A:
1:PACK IT UP
2:SHAKE YOUR BOOTIE
3:T'AINT NOBODY'S BUSINESS IF I DO
4:WOMAN ACROSS THE RIVER
5:SWEET HOME CHICAGO
B:
1:SUGAR SWEET
2:TV MAMA
3:GAMBLING WOMAN BLUES
4:FARTHER ON UP THE ROAD

追悼盤として出たと思います。最終的にファンクっぽいロックブルースに辿り着いた感じのフレディー・キングですが、『やはりフレディーだからこそだな』と思わせるものがあります。

どちらかと言うと、『迫力はあるが、大味な感じ』のボーカルなので、結果、このスタイルが良くハマっていると思います。『こうじゃなければ、フレディーじゃない』とでも言いましょうか。エリック・クラプトンが参加してます。

近年のブルースは、これくらいのギターの歪み具合は当たり前?・・・

後のブルースギターのサウンドにも、かなり影響を与えている、フレディ・キングのギター・サウンドを聴いておきましょう。

フレディー・キング (1961年)

フレディ・キングのシングス(FREDDY KING SINGS)

FREDDY KING SINGS

このアルバムと下の「ハイド・アウェー」を合わせて選曲した感じのアルバムもありました。

Blues Hero
24曲入りで、これは良いです。 かなり楽しめそうなアルバムです。

シングス
FREDDY KING SINGS

A:
1:SEE SEE BABY
2:LONESOME WHISTLE BLUES
3:TAKIN' CARE OF BUSINESS
4:HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
5:YOU KNOW THAT YOU LOVE ME
6:I'M TORE DOWN
B:
1:I LOVE THE WOMAN
2:LET ME BE
3:IT'S TOO BAD THINGS ARE GOING SO TOUGH
4:YOU'VE GOT TO LOVE HER WITH A FEELING
5:IF YOU BELIEVE
6:YOU MEAN, MEAN WOMAN

アルバムとしてのデビュー作で、60年のものです。全曲ボーカルもので、ストレートすぎる程のブルースです。彼のベストアルバムと言っても良いと思います。やはり、これは聴いておくべきアルバムでしょう。

この10年後にかなりなロック・ギターになるのが、想像つきません。尤も、私の場合は、ロック・ギターになったフレディ・キングを先に聴いているのですが。

フレディー・キング (1960年代)

フレディ・キング(HIDE AWAY)

Blues Hero

ハイド・アウェー
HIDE AWAY

A:
1:HIDE AWAY
2:I'M TORE DOWN
3:WASH OUT
4:.HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
5:LOW TIDE
B:
1:THE STUMBLE
2:SEE SEE BABY
3:SIDE TRACKED
4:I LOVE THE WOMAN
5:REMINGTON RIDE

上のアルバムと同じ頃のものですが、こちらはインスト曲が6曲入っています。フレディ・キングはインストのヒットがかなりあり、ギターに対する思い入れの強さがうかがえます。もちろん、もの凄いテクニックの持ち主であり、ロック・ギタリストへの影響も大きいです。

上のアルバムと重複する曲が4曲あり、それも、ボーカルものは4曲とも重複しています。

フレディー・キング(1975年)

フレディ・キング(LARGER THAN LIFE)

LARGER THAN LIFE

ラージャー・ザン・ライフ
LARGER THAN LIFE

A:
1:IT'S BETTER TO HAVE (AND DON'T NEED)
2:YOU CAN RUN BUT YOU CAN'T HIDE
3:WOKE UP THIS MORNING
4:IT'S YOUR MOVE
5:BOOGIE BUMP
B:
1:MEET ME IN THE MORNING
2:THINGS I USED TO DO
3:AIN'T THAT I DON'T LOVE YOU
4:HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN

かなりギンギラにショーアップされたライブ盤(一部スタジオ録)で、このサウンドが最終形となってしまいます。RSOレーベルからは、ベスト盤のような追悼盤(上のトップに紹介)も出ています。

ロックとファンクが合体したようなRSO時代で、ブルースサイドからはあまり評価はされませんでしたが、私の場合はよく聴きました。

いつの時代でも、止まると言う事はないのですから、良い悪いは別として、音もスタイルも変化していくのは当然で、このスタイルが当時のフレディ・キングとして、私は評価しています。

実際、ロックが好きで、数年かけてブルースを聴くようになった私には、最も好みのスタイルでもありましたし、ライブでのスローの入り方などは、「非常にカッコ良い」と感じました。

亡くなる直前、74~75年頃のライブだと思いますが、アルバムを一生懸命探しましたが、書いてません。同時期のアルバート・キングと共に、ライブ盤では最も好きな1枚です。

フレディー・キング(1973年)

フレディ・キング(WOMAN ACROSS THE RIVER)

シェルターでは、これが1番好きです。タイトル曲は、フレディにぴったりで、カッコいいですね。

WOMAN ACROSS THE RIVER

 

このアルバムを含むシェルター時代のベスト盤です。3枚買うより良いかも?
The Best of the Shelter Years
ロック系が好きな人は必聴盤。

ウーマン・アクロス・ザ・リバー
WOMAN ACROSS THE RIVER

A:
1:WOMAN ACROSS THE RIVER
2:HOOTCHIE COOTCHIE MAN
3:DANGER ZONE
4:BOOGIE MAN
5:LEAVE MY WOMAN ALONE
B:
1:JUST A LITTLE BIT
2:YONDER WALL
3:HELP ME THROUGH THE DAY
4:I'M READY
5:TROUBLE IN MIND
6:YOU DON'T HAVE TO GO

ロック・ピアニストである、レオン・ラッセルが作ったシェルター・レーベルからは、3枚程リリースされていると思います。完全にロックサウンドになってますが、フレディは元気なので、とても好きな1枚です。

このレーベルの頃はスタンダードなナンバーを多く取り上げているので、ブルースの有名曲を知るのにも良いかもしれません。

フレディー・キング(1970年)

フレディ・キング(MY FEELING FOR THE BLUES)

 

MY FEELING FOR THE BLUES

マイ・フィーリング・フォー・ザ・ブルース
MY FEELING FOR THE BLUES (1970)

1:YONDER WALL
2:STUMBLE
3:I WONDER WHY
4:STORMY MONDAY
5:I DON'T KNOW
6:WHAT'D I SAY
7:AIN'T NOBODY'S BUSINESS WHAT WE DO
8:YOU DON'T HAVE TO GO
9:WOKE UP THIS MORNING
10:THE THINGS I USED TO DO
11:MY FEELING FOR THE BLUES

コテリオン・レーベル時代の70年のものです。コテリオンでは2枚あり、その2枚目ですが、メンバーは前作からの流れで、キング・カーティスの一派で作られています。アレンジャーがダニ-・ハサウェイと言う、当時のソウル・フュージョン的な音です。

オーティス・ラッシュも同じようなコンセプトのアルバム(MOURNING IN THE MORNING)がありますが、良い曲と、そうでない曲がハッキリ出る感じがします。私としては、フレディはバリバリのギンギンが合っていると思うので、この後に遷った、シェルター~RSOレーベルの方が好きですが。

フレディー・キング(1969年)

フレディ・キング(MY FEELING FOR THE BLUES)

 

Freddie King Is a Blues Master


コテリオンでバックをつけてるのが、こちらのキング・カーティスが率いる一派
 

Freddie King Is a Blues Master (1969)

1. Play It Cool
2. That Will Never Do
3. It's Too Late, She's Gone
4. Blue Shadows
5. Today I Sing the Blues
6. Get Out of My Life Woman
7. Hide Away
8. Funky
9. Hot Tomato
10. Wide Open
11. Sweet Thing
12. Let Me Down Easy

順序が逆になりましたが、こちらがコテリオン・レーベルの1枚目です。私自身がこちらを後で聴いたので・・・・

で、こちらの方が好みです。音色が良いのと、切れもこちらがあると思います。

フレディー・キング

ビデオです。
これも売っていました。
Beat 1966

DVDもありました。
伝説のテレビ映像「ザ・ビート」

アメリカのTV番組でのライブビデオを最近見ました。ビー・ビー・キングと、アルバート・キングは日本公演も何度か見ていますが、早死にしてしまったフレディは、見る機会もなくて、初めてライブ・ステージを見ました。

ギターの凄さに驚きました。テクニック、迫力は圧巻です。バックを付けているバンドがゲイトマウス・ブラウンのバンドだったのにも驚きましたが、残念ながら、二人のバトルは1コーラス(取って付けた様な)のみでした。

17曲も入っていますので、かなり楽しめます。66年の演奏ですから、一番良い頃かも知れません。

右に曲目を掲載します。14曲目まではTV番組からの収録で、66年のもの。あと3曲はスエーデンでの73年のライブからです。

ザ・ビート・1966
THE !!! BEAT 1966 

フレディ・キング(THE !!! BEAT 1966)

1.FUNNY BONE
2.HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
3.SAN-HO-ZAY
4.I'M TORE DOWN
5.HIDE AWAY
6.I LOVE THE WOMAN
7.PAPA'S GOT A BRAND NEW BAG
8.SEE SEE BABY
9.SITTING ON THE BOATDOCK
10.SHUFFLE
11.SHE PUT THE WHAMMY ON ME
12.SAN-HO-ZAY
13.FUNNY BONE
14.HIDE AWAY
15.HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN
16.BLUES BAND SHUFFLE
17.BIG LEG WOMAN

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

MP3の1曲ダウンロード

ブルース・ソウル・R&Bなどの MP3 download

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

キング・フェデラル

サニー・トンプソン

フレディ・キングが、1960年~1968年まで在籍したキング・レコード傘下のフェデラル・レコードで、フレディの録音のバックを務めたのは、ほとんどサニー・トンプソンのバンドです。1916年生まれのピアニストで、後年リトル・ミルトンやハウリン・ウルフの録音にも参加してます。

サニー・トンプソンの録音もいくつか探してみました。


Sonny Tompson

シェルター(Shelter)

レオン・ラッセルのレーベル、Shelterでは、以下の3枚(1971年-1973年)をリリースしてます。スワンプ・ロック的になり、私は好きな時期です。

Getting Ready :1971年

Texas Cannonball :1972年

Women Across the River:1973年

オリジナル・ジャケットは左にあります。

シェルター・ベスト盤

  スタジオ録音盤

▲ページトップへ | --Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--