ブルース・ロック

ブルース・ロック(米国2) ジミ・ヘンドリックス:ジャニス・ジョップリン

ブルース・ロック・メニュー

エリック・クラプトンとビー・ビー・キングビー・ビー・キングエリック・クラプトンクラプトン2前ページへ戻る
ブルース・ロック(米国1)ブルース・ロック(米国2)ブルース・ロック(米国3)ブルース・ロック(米国4)
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

ロックTシャツ 

ロックTシャツ
JIMI HENDRIX
EXPERIENCE

 

 

 

 

ロングスリーブ Tシャツ
ジャニス・ジョプリン JANIS

ジミ・ヘンドリックス:ジャニス・ジョップリン

ジミ・ヘンドリックス(JIMI HENDRIX)

Born:1942 : Died:1970

ワシントン州シアトル生まれ(本名:ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス)で、1963年から1965年の間は、アイズレー・ブラザーズサム・クックリトル・リチャードなどのレコーディングやツアーのメンバーとして活動しました。サイドマンであるのに、パフォーマンスが目立ち過ぎた事もあったようです。たしかに目立ちます。

1966年に 、当時アニマルズのベーシストだったチャス・チャンドラーにスカウトされる形で 9月にロンドンへ行きます。ノエル・レディング(ベース)、 ミッチ・ミッチェル(ドラム)と「ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス」を結成し、1966年12月にシングル「ヘイ・ジョー」でデビューしました。

10月に ロンドンで行われたクリームのライブでは、エリック・クラプトンジミ・ヘンドリックスが、早くもジャム・セッションをしています。ちなみに、7月にはジョンメイオール&ザ・ブルースブレイカーズ の「ジョンメイオール&ザ・ブルースブレイカーズ ウィズ エリッククラプトン」が出て、その後には、クラプトンが結成したクリームが「フレッシュクリーム」でデビューしたのもこの年です。

8月には ビートルズがアルバム「リヴォルバー」をリリースして、サンフランシスコで最後のコンサートを行ない、「ライブ活動をやめる」と言う、宣言までしています。ロック界がもの凄く動いていたんだなと、改めて感じる頃です。

翌年には、 ビートルズが「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラヴ・バンド」と言う、歴史的なコンセプト・アルバムをリリースし、一方、サザン・ソウル界では、スタックス・レコードのトップ・アーティスト「オーティス・レディング」の乗ったチャーター機が、ウィスコンシン州のモノナ湖に墜落し、26歳の若さで死亡してしまいました。

1968年の4月4日には、公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師がメンフィスで暗殺され、黒人であれば掛替えの無い存在が消えてしまいました。ジミ・ヘンドリックスも、ビー・ビー・キング、バディ・ガイと共に、ニューヨークのクラブでブルースを演奏して追悼しました。

7月に、C・C・R(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイバル)が「スージー・Q」 でデビューします。この頃には、アル・クーパーとマイク・ブルーム・フィールドらが歴史的ジャムセッションを行うわけですが、当時の私は、「ビートルズ」や「C・C・R」をリアルタイムで聴いていて、2年ほど後から「スーパー・セッション」を聴いたのですが、今考えると、このような事が同じ頃にあったんだと、感慨深いものがありますね。

翌年の69年には、マジック・サムがシカゴの自宅で心臓発作を起こし、この人も32歳の若さで亡くなっています。この年に「アン・アーバー・ブルース・フェスティバル」に出演して、素晴らしい演奏を残していきました。

そして、何度となく見た、当時は一番好きだったビートルズが、アップル社の屋上でやった「ゲット・バック」もこの年なんですね。この年は、有名なウッド・ストック・コンサートも行われた、ロック世代にとっては記憶に残る年だと思います。

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

アー・ユー・エクスペリエンスト(1967年)

1966年12月にシングル「ヘイ・ジョー」でデビューして、ライヴの評判が上昇するとともに、たちまちロック界を代表するビッグ・スターになります。これは1967年5月のデビューアルバムに、それ以前のシングル3枚のAB面を加えたものです。以後のライブでもベースとなる、良い曲が揃ったこのアルバムは必聴です。
アー・ユー・エクスペリエンスト?

アクシス:ボールド・アズ・ラヴ(1967年)

半年後の11月リリースされた、「アー・ユー・エクスペリエンスト」に続くセカンド・アルバムです。サイケな曲から「リトル・ウイング」といったバラードまで、どれもジミ・ヘンの凄さを感じます。やはり、何かが憑いているといった感じで、次々といろんなものが湧き出すんでしょうね。
アクシス:ボールド・アズ・ラヴ

エレクトリック・レディランド(1968年)

エクスペリエンスのサード・アルバム。このアルバムでエクスペリエンスは解散します。このアルバムがベストと言う声も多いです。
エレクトリック・レディランド

※取り上げてませんが、2作目と3作目の間にベスト盤があります。

 

バンド・オブ・ジプシーズ

バンド・オブ・ジプシーズ(1970年)

エクスペリエンスとしての活動は1969年6月までで、ベースのノエル・レディングが脱退し、ジミはミッチ・ミッチェルと、軍隊時代(ジミは音楽活動前に徴兵を済ませています)からの友人、ビリー・コックスと共にジプシー・サンズ&レインボウズとして活動を開始します。ウッドストック・フェスティバル(必見、必聴)に参加したりしますが、10月にはミッチ・ミッチェルに替わり、バディ・マイルス(ドラムス)が入り、バンド・オブ・ジプシーズを結成します。

新バンド「バンド・オブ・ジプシーズ」のライヴ盤です。ドラムスの重量感が増して、バンドの演奏も安定感があります。好みの問題になりますが、私はこのアルバムが好きで、よく聴きました。ワウペダルも凄いなと思いました。

おそらく、ジミが録音の最終段階(ミックス・ダウン)までつきあったのは、これが最後だと思います。
バンド・オブ・ジプシーズ

1970年の6月に発売され、8月には次のアルバムのレコーディングも終えて(ミックス・ダウンはまだ)、ヨーロッパへ行きます。 ワイト島フェスティヴァルとラヴ・アンド・ピース・フェスティヴァルに出演しましたが、その後の9月18日に ロンドンのホテルで昏睡状態に陥り急死してしまいます。 享年は27才ですが、何か天才的な人はこのくらいの年齢で亡くなる人が多いような・・・

 

ジャニス・ジョップリン
Janis Joplin

Born:1943 : Died:1970

ジャニス・ジョップリンはテキサス州ポート・アーサー出身で、ジミ・ヘンドリックスとは、生れも1年ほどの違いで、ほぼ同じ時期にロックシーンで活躍、そして1ヶ月も違わない1970年10月4日に、1人ハリウッドのホテルで死亡しているのが発見されました。お決まりのように酒とドラッグに溺れ、これからと言う時に、ヘロインの過剰摂取が原因でこの世を去りました。享年27歳・・・

彼女の好きだったのは、ジャズ・ボーカルのビリー・ホリデイ、ブルースの女帝ベッシー・スミスやカントリー・ブルースであり、ルーツはブルースにありましたが、追求したのはそれらを取り込み、融合させたボーカル・スタイルで、常に満たされない欲求があり、20歳頃にはドラッグにのめり込んでいる状況でした。

ファースト・レコーディング(1967年)

1966年に、女性ヴォーカリストを捜していたビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニーに加入して、シカゴのマイナー・レーベルでレコーディングしたもの。バンド全体が荒削りな印象ですが、当時はこのサウンドを求めていたのかも知れません。ジャニスの歌は良いです。
ファースト・レコーディング

チープ・スリル(1968年)

1967年にモンタレー・ポップ・フェスティバルへ出演して、ジミ・ヘンドリックスとも共演。これでジャニスは一躍有名になります。翌年ライブ・アルバム「チープ・スリル」をリリースします。全米8週連続1位という大ヒットになりました。
Cheap Thrills (Exp)

I Got Dem Ol'Kosmic Blues Again( 1969年)

68年に、サム・アンドリュース(g,vo)と共にバンドから脱退して、頻繁なメンバーチェンジをしながらツアーを行い、最終的に残ったメンバーをバックに、初のソロ・アルバムを製作します。

前作と次作に挟まれて、少し印象が薄い感じですが、なかなか渋い好アルバムです。バンド名は「COSMIC BLUES BAND:コズミック・ブルース・バンド」としますが、すぐに解散してしまいます。
I Got Them Ol' Kozmic Blues Again, Mama

 Pearl(1971年)

完成手前の製作途中で亡くなり、生きて完成させることができなかったアルバムですが、女性ロックヴォーカルとしての、最高のパフォーマンスが、そこにはあります。

ジャニスの理想的なバンド「フル・ティルト・ブギー」を結成して、バックのサウンドも良くなり、もしかするとこれにより自らの伝説の為の幕引きを行ったのかもしれません。天才と言われる人はそんな感じが多いような・・・

どの曲も彼女の遺作として素晴らしいものですが、特にヒット曲でもある「ムーブ・オーバー(ジャニスの祈り)」、ガーネット・ミムズの「クライ・ベイビー」やエタ・ジェームスの「テル・ママ」などのソウル・ナンバーのカヴァーが好きです。全米9週連続1位を記録しました。
Pearl (Exp)

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

おすすめアルバム

C.C.R.

ヒットチャートに多数登場したバンドで、アメリカン・ロックの躍進に貢献したバンドです。聴けばわかる、良い曲が揃っているベスト・アルバム

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

 

DVD

ジミ・ヘンドリックス

11曲収録され、うまく編集されてます。入門編としておすすめ。
ジミ・ヘンドリックス

 

 

ボックス・セット

ジャニス・ジョップリン

ジャニスの生前に出たアルバム4枚全部に、ボーナス・1枚で、5枚セットです。リリース数が少ないので、価格的にも一番良いかもしれません。

The Janis Joplin Collection

 

デビュー盤と当時のライブ、ベスト盤の3枚組ですが、上のセットの方がお薦めですね。

Big Brother & the Holding Company/Janis Joplin's Greatest Hits/Live at Winterland '68

ロックTシャツ 
Jimi Hendrix
ジミ・ヘンドリックス

 

 

 

 

 

Tシャツ
JANIS JOPLIN
ジャニス・ジョプリン

ブルース・ロック(米国1)ページトップへ↑ブルース・ロック(米国3)

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--