パワーブルース
 ホーム > リズム&ブルース

リズム・アンド・ブルース (R&B)(JUMPBLUES)

リズム&ブルース・補助・メニュー

ブルース地図リズム・アンド・ブルース・地図リズム&ブルース:1945年代~1950年代のトップセールス
R&Bカンサスウエスト・コーストイースト・コーストメンフィスニューオリンズテキサス
前ページへ戻る |   | ニューオリンズ追加:ブラックトップ・レコード (Black Top Records) |

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

概要

The Roots of Rock 'n' Roll: 1946-1954 私自身、R&B(リズム・アンド・ブルース)と言う言葉は、かなり曖昧に使っている気がします。さまざまな書籍を見ても、明確な定義は無いようです。例えば、主にブルースを聴いている人、ソウルを聴いている人、あるいはジャズを聴いている人などにより、とらえ方は様々なようです。私の場合は、ブルースから派生してソウルとの中間的音楽と考えてきました(言葉ではこの程度しか言えません)。良い音楽であれば良いと言う事で、まずはコンピレーション盤で大雑把に聴くのも良いとおもいます。

The Roots of Rock 'n' Roll: 1946-1954

このアルバムの曲目(ほぼ年順になってます)

 1930年代から40年代は、すでにビッグ・バンドが全米で活動していて、特に南西部(テキサス、カンサスあたり)はブルース色を強く残していました。このようなブルースを、ジャンプ・ブルースと呼んだりします。

 また、バンド構成が大人数になり、ホーンセクションのリフをバックに歌うスタイルが多く、バックの音に負けないように、ボーカルも絶叫する歌い方になり、『シャウター』などと呼ばれる人もいます(全部が叫んでばかりではないですが)。そんな中で私が聴いているものをいくつか上げてみます。年代的には40年代の半ばから50年頃までが良いと思います。

 ウエスト・コーストのR&Bは、イースト・コーストよりもブルース色が強く、私はテキサスや中西部とともに好きです。その代表が「ジョニー・オーティス」です。白人ながら多くの人とバンドをプロデュースした、とても影響力のある人です。

 50年代も半ば頃にはロックンロールが流行り、この頃にはソウル音楽の初期の人達もデビューしてきます。『ジェームス・ブラウン』『サム・クック』『ジャッキー・ウィルソン』なども50年代半ばに出てきた人達です。勿論、このような流れも色々と関連しているのですが、取り合えずは気にいっているものを紹介します。

 このようなスタイルにも多くのパターンがあり、さらに地方によっても違ったスタイルがあったり、いつでも変化していたわけです。同じ40年代の半ばから50年代の始めの頃は、シカゴではデルタスタイルのマディ・ウォーターズも、レコーディングを盛んにやっていますし、ブルースがR&Bのチャートにも登場した時代です。

 ブルース・レーベルのチェスからも、『チャック・ベリー』『ボ・ディドリー』と言ったロックンロールの人達が出ました。(ボ・ディドリーがロックンロールとは思いませんが、60年代の雑誌などでは、よく一緒に紹介されてました。)

 また、ニューオリンズも独特の雰囲気がある土地柄で、『デイブ・バーソロミュー』『ファッツ・ドミノ』等が、R&Bからロックンロールへと変って行くような事をやっていました。

 大恐慌から戦後にかけての急激な変化があった頃だったわけです。 そんな諸々のスタイルをつなぐのが、まさにブルースと言う音楽(形式・スタイル)だと思います。

 カウント・ベイシーの場合、普通はジャズで語られる人ですが、初期に関してはR&B的、ジャンプ・ブルース的な人と感じますので、まず取り上げます。

 彼は1904年ニュージャージー州生まれです。ニュージャージー州はニューヨーク州のすぐ南のあたりですから、イーストコーストで活動するのが普通だと思うのですが(実際、最初はニューヨークに行きました)、何故かカンサスシティを拠点にバンドを結成します。きっと、この土地のブルーススタイルが気に入ったのでしょう。

 ジミ―・ラッシングがボーカルで参加しています。ジミ―・ラッシングもブルースの上手い人ですが、ジャズ的な選曲も多く、私自身もアルバムにより好き嫌いが分かれます。

 私はそれほど多くは聴きませんが、40年頃カウント・ベイシーのビッグバンドは好きですし、この後に続くジャンプバンドに与えた影響も大きいと思います。南部デルタに根ざしたブルースとは別に、ジャズ・ブルースがレコードとしてアメリカ全土にブルースを広めたのですが、当然、時代が下る程に色々な地域で、様々に変化していくわけです。

 イーストコーストはブルース色はあまり強くなく、『ラグタイム』的な演奏を好んでいたようです。カンザス、テキサスやウエストコーストは、ブルース色の強いスタイルを好んだようです。私はブルースが好きですから、当然後者を多く聴いてきたのですが、こんなスタイルのバンドも50年代の中頃には、ロックンロールに押されて、売れなくなりました。

 でも、今聴いても良いなと感じられるものが多く、私的には良く聴くスタイルです。一番輝いていたのは、40年代後半~50年代前半でしょう。

シャンプ・ブルースとR&B

カウント・ベイシー

カウント・ベイシー

これも3ディスクですから聴き応えがあります。
The Complete Decca Recordings: 1937

COMPLETE DECCA RECORDINGS-1937
COUNT BASIE

バンドを作って早期のデッカ時代です。ジミー・ラッシングも良いですし、サックスのレスター・ヤングハーシェル・エバンスやギターのフレディ・グリーンも良いです。

とにかく沢山のレコードがありますが、私はこの頃のブルース、ジャンプをガンガンやってる頃がお薦めです。30年代ですね。

カウント・ベイシー

カウント・ベイシー2

なかなか同じものはありませんが、ほぼ同時期のものです。在庫少ないです。
1938-1939

For the First Time

COUNT BASIE1936-38

上と同じ頃で選曲もダブります。どちらかと言う事で良いと思います。録音年代で捜して下さい。

ジミー・ラッシング

Complete Goin' to Chicago & Listen to the Blues

早期のものです。
1930-1938

ESSENTIAL (1954-57)
JIMMY RUSHING

ベイシーバンドも解散したり復活したりとか、この頃の詳しい事は知らないのですが、後の50年代になっての「ヴァンガード・レーベル」が良いです。

ジミー・ラッシングとしてのこのアルバムには、フレディ・グリーンとベースのウォルター・ページが参加しています。

ジミー・ラッシングは最高にイカシテます。ギターでロイ・ゲインズも参加しています。ジャズ・ボーカルともR&Bボーカルとも言えそうですが、ブルースをやってくれる時が一番です。

ビッグ・ジョー・ターナー

JOE TURNER

Classic Hits 1938-52

Classic Hits 1938-52
JOE TURNER

 1938年に、ブギ・ウギのピアノで有名なピート・ジョンソンとコンビを組んで長く一緒に活動(一時別々、47年に再開)しました。最初の曲「ロール・エム・ピート」が大ヒットして、後のR&Bにも大きな影響を与えます。

 ニューヨークでも活動し、後年(50年代)アトランティックと契約し、そこではR&R(ロックン・ロール)の先駆け的な曲、「シェイク・ラトル&ロール」などがあり、何かと影響力のある人です。

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

データ

Top Selling R&B
Artists

年間売り上げのトップですが、枚数・金額はわかりません。

トップセールスをしたくらいですから、当然有名な人が並んでますが、3年連続トップの「ルイ・ジョーダン」と「ファッツ・ドミノ」は凄いですね。

1945 - Louis Jordan
1946 - Louis Jordan
1947 - Louis Jordan
1948 - Bull Moose Jackson
1949 - Amos Milburn
1950 - Johnny Otis
1951 - Percy Mayfield
1952 - B.B. King
1953 - The "5" Royales
1954 - The Midnighters
1955 - Fats Domino
1956 - Fats Domino
1957 - Fats Domino
1958 - Chuck Berry
1959 - Lloyd Price

Top Selling R&B
Records

こちらは、「ルイ・ジョーダン」はさすがと言ったところですが、「ファッツ・ドミノ」はいませんね・・・

1945 - The Honeydripper
  / Joe Liggins
1946 - Choo Choo Ch'Boogie
  / Louis Jordan
1947 - Ain't Nobody Here But Us Chickens
 / Louis Jordan
1948 - Tomorrow Night
 / Lonnie Johnson
1949 - The Hucklebuck
 / Paul Williams
1950 - Pink Champagne
  / Joe Liggins
1951 - Sixty Minute Man
 / The Dominoes
1952 - Lawdy Miss Clawdy
  / Lloyd Price
1953 - Money Honey
 / Clyde McPhatter & The Drifters
1954 - Work With Me Annie
  / The Midnighters
1955 - Only You
 / The Platters
1956 - Honky Tonk
  / Bill Doggett
1957 - Searchin'
 / The Coasters
1958 - Yakety Yak
 / The Coasters
1959 - Lonely Teardrops
  / Jackie Wilson

 

馴染みやすい
R&Bのアルバム

 ジョニー・オーティス・ショー ジョニー・オーティス・ショーのライブ盤。参加メンバーが豪華で、リズム・アンド・ブルースロックン・ロールの参考にもなります。

 

ページトップへ↑

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--