パワーブルース
 ホーム > ブルース > ウエストコースト > テキサス > ジョニー・ギター・ワトソン

ジョニー・ギター・ワトソン(JOHNNY GUITAR WATSON)

テキサスブルース・メニュー

T・ボーン・ウォーカーゲイトマウス・ブラウンアルバート・コリンズギター・ワトソン前のページへ戻る
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

ジョニー・ギター・ワトソン (JOHNNY"GUITAR"WATSON)のスタイル

クールな都会派サウンド

Born:1935 : Died:1996

テキサスのギタリストは、乾いた音で弾きまくる人が多いと思いますが、この人は正にそのイメージで、私のギターアイドル的な存在です。テキサス系のギターはキレが身上だと思いますが、この人の歩んだ70年代後半からのファンク路線は、クールなキレとブルースマンならではのギターフレーズがぴったりで、彼独自のスタイルを表現していたと思います。

ブルースの枠にあてはめるよりは、『ジョニー・ギター・ワトソン』個人の魅力として聴いています。80年代に見た渋谷でのライブは最高でしたが、その後96年の横浜でのライブ中に亡くなりました。

ギャングスター・イズ・バック

THE GANGSTER IS BACK

The Very Best of Johnny "Guitar" Watson...

 かなり近いところです。良い曲もカバーしてます。

THE GANGSTER IS BACK

A:
1:TOO TIRED
2:DON'T TOUCH ME BABY
3:HOT LITTLE MAMA
4:BLUES SIDE
5:I LOVE TO LOVE YOU
6:OH BABY
7:SOMEONE CARES FOR ME
8:SHE MOVES ME
B:
1:LOVE ME BABY
2:GANGSTER OF LOVE
3:ONE ROOM COUNTRY SHACK
4:ACOUSTIC INSTRUMENTAL
5:ONE MORE KISS
6:JOHNNY GUITAR
7:LOOKING BACK
8:THE EAGLE IS BACK

56年~61年の最高にホットなジョニー・ギター・ワトソンが聴かれます。パキン、パキンと乾いた音は、彼の軽めの声に実によくマッチしています。

R&B感覚が強く、モロにブルースを感じさせるタイプではないですが、後のファンク路線が格好いいように、ブルースベースのオリジナルなギタースタイルが魅力です。

ジョニー・ギター・ワトソン
とボビー・ブランド

BOBBY BLUE BLAND & JHONNY GUITAR WATSON

The Best of the Modern Years

ブランドが入っていない、ワトソンのモダン時代がありました。これはかなりの内容です。

 

BOBBY "BLUE" BLAND &
JOHNNY "GUITAR" WATSON (CROWN)

A:
1:DRIFTING FROM TOWN TO TOWN
2:SO RESPECTABLE
3:TOO TIRED
4:LOVE TO LOVE YOU
5:RUBEN
B:
1:DRY UP BABY
2:CRYING ALL NIGHT LONG
3:HOT LITTLE MAMA
4:I'M GONNA HIT THE HIGHWAY
5:OH BABY
6:THREE HOURS PAST MIDNIGHT

ボビー・ブランドが3曲入っていて、さらに上のアルバムとの重複(赤文字)もありますが、こちらでしか聞かれない曲が3曲あり、それがまた良い曲です。

"THREE HOURS PAST MIDNIGHT"は一世一代(大袈裟!)のスローブルースです。

※DON'T TOUCH ME BABYとI'M GONNA HIT THE HIGHWAYは異名同曲

ジョニー・ギター・ワトソン
(ファンク路線)

AIN'T THAT A BITCH

Ain't That a Bitch

AIN'T THAT A BITCH (DJM)

A:
1:I NEED IT
2:I WANT TO TA-TA YOU BABY
3:SUPERMAN LOVER
B:
1:AIN'T THAT A BITCH
2:SINCE I MET YOU BABY
3:WE'RE NO EXCEPTION
4:WON'T YOU FORGIVE ME BABY

76年のファンク路線1枚目。ほとんどの楽器は自分でやっていて、正に彼の世界にどっぷり浸かれます。この頃はブルース・ナンバーと呼べる曲は、ほとんどありませんが、ブルース・ギタリストにしか出せないような、独特のクールな世界を創造しています。

ドラムはこの後も"EMRY THOMAS"がやっていくのですが、この人は軽くシンプルな良いドラマーです。名前から男女どちらかもわかりませんが。

ジョニー・ギター・ワトソン
(ファンク路線)

FUNK BEYOND THE CALL OF DUTY

Funk Beyond the Call of Duty [Bonus...

もう一枚
A Real Mother for Ya

FUNK BEYOND THE CALL OF DUTY(DJM)

A:
1:FUNK BEYOND THE CALL OF DUTY
2:IT'S ABOUT THE DOLLAR BILL
3:GIVE ME MY LOVE
B:
1:IT'S A DAMN SHAME
2:I'M GONNA GET YOU BABY
3:BARN DOOR
4:LOVE THAT WILL NOT DIE

上のアルバムとの間にもう一枚あり、それも良いですが、私はこちらが好きです。この後も何枚か矢継ぎ早にリリースされましたが、ほとんどこの2枚を聞いています。私はファンクはそれほど聞きませんが、ワトソンの場合は、馴染んだ声と、ギターに引かれて聞いています。

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

 MP3アルバム

20曲入りでGood!!

 

 

これがありましたが、一ヶ月以上待つようです。取り合えず掲載しておきます。
Complete RPM Recordings

ページトップへ↑

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--