パワーブルース
 ホーム> アン・アーバー・ブルース・フェスティバル > マディ・ウォーターズ (MUDDY WATERS)

マディ・ウォーターズ (MUDDY WATERS)

アン・アーバー・フェスティバル・メニュー

アン・アーバー・フェスハウンド・ドッグ・テイラーココ・テイラーボビー・ブルー・ブランド
ハウリン・ウルフマディ・ウォーターズフレディー・キングルーサー・アリスンオーティス・ラッシュ
ブルース地図リズム・アンド・ブルース・地図ホームサイトマップ前ページへ戻る |  
      |もう1つのマディ・ウォーターズのページへ
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

マディ・ウォーターズ (MUDDY WATERS)のおすすめ盤

シカゴブルースのボス

Born:1915 : Died:1983

この人も多くのレコードがあり、確か10枚組くらいのセットもあると思います。ですから、ここで紹介するのはほんの一部です。ブルースのみならず、ロックミュージシャンにも多くの影響を与えた人で、エレクトリックギターでのボトルネック奏法の開拓者です。彼のバンドからは多くの一流ブルースマンが育ちました。

1915年生まれのマディ・ウォターズ(本名:マッキンリー・モーガンフィールド)は、43年にシカゴへ出ます。45年にはいとこのブルースマンであるジェシー・ジョーンズを通じて、強力な相棒になるギターのジミ-・ロジャースと出逢います。ジミー・ロジャースは最初ハープも吹いていました。お決まりのようにハウス・レント・パーティーやクラブなどに出たりしていました。

この頃にサニー・ボーイ・ウィリアムソン1世(ジョン・リー・ウィリアムソン)と仕事をしたりしています。サニー・ボーイ・ウィリアムソンは37年にすでに録音をしていますから、10年くらいも先輩になります。また、この時にサニー・ボーイ・ウィリアムソンと組んでいたのはピアノのエディ・ボイドでした。サニー・ボーイ・ウィリアムソンはすでにアルコールに溺れていました。よくある事です・・・

マディ・ウォターズは46年頃から録音を始めていますが、リリースされたのは48年になってからです。ベースのビッグ・クロフォードと二人だけの録音ですが、47年録音の「アイ・キャント・ビー・サティスファイド」は48年にやっとリリースされて、初回のプレス3000枚を2日間で売り上げ、マディ・ウォターズは一気に有名人になります。

前述のように、この頃録音された曲はほとんどがリリースされないか、遅れてリリースされました。1年戻り47年にはまだ無名のままのマディですが、サニー・ランド・スリムの口利きで、やっとアリストクラット(後のチェス・レコード)で仕事が出来るようになりました。

この時のサニー・ランド・スリムの「ジョンソン・マシン・ガン」は、マディのサイド・ギターとビッグ・クロフォード(当時はメンフィス・スリムのべースをやっていた)のべースで録音されました。マディ自身もメインで録音しますが、相変わらず認められませんでした。

R&Bやジャンプ・ナンバーがヒットし、ナット・キング・コールのような洗練されたボーカルがうけていた都会のシカゴでは、マディのようなスライド・ギターのカントリー・ブルースのスタイルは売れないと思われたんでしょうね。ちなみにこの時のサニー・ランド・スリムの「ジョンソン・マシン・ガン」とマディの「リトル・アンナ・メイ」のテイクはかなり素晴らしいと私は思います。

バンドの方はすごい進歩で、この年にはまだ18歳のリトル・ウォルターを加え、ドラムのリロイ・フォスタージミー・ロジャースの4人でシカゴ最強のブルースバンドを結成しています。52年にはリトル・ウォルターが『ジューク』のヒットを出して、バンドからは独立していきまが、その後もレコードには参加しています。後釜には翌年に、ビッグ・ウォルター・ホートンが入りますが、繋ぎでジュニア・ウェルズもやっています。この二人もシカゴを代表するハーピストです。

53年にはビッグ・ウォルター・ホートンのハープでマディ最大のヒット、『フーチー・クーチー・マン』を出します。この頃、ピアノのオーティス・スパンが加入して、シカゴ・バンド・ブルースとして頂点に達したと言えるでしょう。 今考えても実に強力なメンバーです。

よくハウリン・ウルフ のバンドと比較して聴いてしまいますが、私が感じるのはマディのバンドは南部のスタイル、雰囲気、その他いろいろなものを、そのままシカゴの持ってきて電気化したバンドと言う印象で、ウルフのバンドは常にウルフのボーカルを最大に活かせる構成と言う気がします。

※当初の録音は『アリストクラット』でのものです。後にチェス兄弟が・『チェス・レコード』を1950年に設立しますが、その時に『アリストクラット』は吸収されています。

マディ・ウォーターズ

マディ・ウォーターズ BEST OF MUDDY

ベスト・オブ・マディ・ウォーターズ+8

定番のアルバム。

THE BEST OF MUDDY WATERS

シカゴブルースのボス、マディ・ウォーターズの初期の録音を集めたもので、重要な有名曲が並びます。50年からはブルースハープの変革者、リトル・ウォルターも加わり、シカゴ・バンドブルースの原点と言ってもいいと思います。

私の場合弾き語りの曲などはあまり聴かず、なるべくバンドでやっているものを聴いた方ですが、むしろ最近は弾き語りの方に傾倒している感じです。

マディ・ウォーターズ
ベスト

マディ・ウォーターズ MUDDY WATERS

同じようなのを探してますが、なかなかありません。そこそこ近いものです。

 His Best: 1947 to 1955

 

かなり広範囲で3枚組があります。これはマディを知るには良いと思います。
The Chess Box

MUDDY WATERS

A:
1:LOUISIANA BLUES
2:I'M READY
3:HONEY BEE
4:I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU
5:KIND HEARTED WOMAN
6:SHE MOVES ME
B:
1:(I'M YOUR) HOOCHIE COOCHIE MAN
2:LONG DISTANCE CALL
3:SHE'S ALL RIGHT
4:ROLLIN' STONE
5:STANDING AROUND CRYING
6:TOO YOUNG TO KNOW
C:
1:WALKING THROUGH THE PARK
2:STILL A FOOL
3:YOU CAN'T LOSE WHAT YOU AIN'T NEVER HAD
4:I CANT BE SATISFIED
5:I WANT YOU TO LOVE ME
6:ROLLING AND TUMBLING
D:
1:JUST TO BE WITH YOU
2:YOU'RE GONNA NEED MY HELP
3:SAME THING
4:MY LIFE IS RUINED
5:BABY PLEASE DON'T GO
6:GOT MY MOJO WORKING (Part 1)

ジャケットのデザインが、『これ以上無い程に悪趣味』と酷評されたシリーズです。私は親しみが持てて好きでしたが・・・。それはさておき、内容は良いです。48年から64年までのベスト盤ですが、上記アルバムとは4曲程の重複です。

ニューポート・フェス・ライブ

ベスト盤などにも何曲か入っている、ライブの名盤『ニューポート・フェス・ライブ』です。かなり安く出回っています。超おすすめ盤
At Newport 

At Newport [ORIGINAL RECORDING REMASTERED]

1.I Got My Brand on You
2.(I'm Your) Hoochie Coochie Man
3.Baby Please Don't Go
4.Soon Forgotten
5.Tiger in Your Tank
6.I Feel So Good
7.I've Got My Mojo Working
8.I've Got My Mojo Working, Pt. 2
9.Goodbye Newport Blues

ギターに名手パット・ヘアーも参加。ハープはジェームス・コットン。もちろんピアノはオーティス・スパンといった充実したマディ・バンドの1960年の有名なライブ盤です。

ハード・アゲイン

1976年

ハード・アゲイン

ハード・アゲイン

Hard Again

晩年のマディを一番サポートしたジョニー・ウィンターのプロデュース。ジェームス・コットン・バンドからコットン自身とベースのチャールズ・カルミーズが参加。ドラムにウィリー・スミス、ピアノにパイントップ・パーキンス。さらにボブ・マーゴリンのギターと言う強力なメンバーです。マディ自身がとても気に入っているアルバムです。

マディ・ウォーターズ・ライブ

1979年

マディ・ウォーターズ LIVE

Muddy "Mississippi" Waters Live

MUDDY "MISSISSIPPI" WATERS LIVE

1:MANNISH BOY
2:SHE'S NINETEEN YEARS OLD
3:NINE BLOW ZERO
4:STREAMLINE WOMAN
5:HOWLIN WOLF
6:BABY PLEASE DON'T GO
7:DEEP DOWN IN FLORIDA

彼を敬愛するロックギタリスト、ジョニ-・ウィンターが晩年のマディをサポートしたツアーでのライブです。ジェームス・コットンのバンドからも応援が出てます。勿論コットン自身も参加しています。

79年のライブですから、64才でしょうか。年齢を感じさせない熱演です。本人もかなり気分良くやってる感じが伝わります。

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1

ブルース編2

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

 

国会図書館のフィールド・レコーディング

最近見つけたのですが、以前から南部での録音(チェス以前)があると聞いていました。それは1941年に行なわれた国会図書館のフィールド・レコーディングで、ロバート・ジョンソンの録音をしに南部を訪れたものです。

ところがロバートはすでに死亡していて、代わりにと探したエルモア・ジェームスも見つからず、マディ・ウォーターズ(すでに南部ではこう呼ばれていた)に声がかかったと言う事です。

その時のレコーディングがCDになっていました。これはマディの自宅の玄関先で行なわれたもので、とても雰囲気が良くまた貴重なものです。

翌年も行なわれ、この時は地元の仲間と一緒にやっており、それもこれで聴けます。計14曲くらいですね。その翌年にシカゴに出るのですが、チェスと出会うまでの二度のレコーディングも収録されています。

アルバム

Muddy Waters 1941/1946 

 

←前へページトップへ↑次へ→

--Copyright(C) since 2002 yi355 All right reserved--