パワーブルースのブルース・ブラザーズ

スタックス・レーベル (Stax)

ブルース・ブラザーズ・メニュー

ブルース・ブラザーズブルース・ブラザーズ・メンバースタックス1前ページへ戻る
ブルース・ブラザーズ・2000紹介12000-22000-32000-4ブルース・ブラザーズ・2000のラストから
スマートフォンで直接このページへ来た場合、トップページからアクセスし直せば、
スマートフォン用に制作したページがご利用できます。→→→こちらをクリック

ブルース・メイン

三大キング

ウェストサイド

シカゴブルース

ピアノ・ブルース

テキサスブルース

オンリー・ワン

アン・アーバー・フェス

リズム・アンド・ブルース

ソウル

日々雑聴

スタックスの歴史

スタックス・レコード (Stax Records)

米国テネシー州メンフィス:1957年設立

 1957年設立、1976年に倒産しました。スタックスの名称は、レーベル・オーナーの「ジム・スチュワート(Jim Stewart)」と「エステル・アクストン(Estelle Axton)」の姓を合せたもの。

 サザン・ソウルの形成に、大きな役割を果たしました。当時としては珍しい、白人と黒人の混成バンドがスタジオ・バンドとして活躍しました。

 この辺りは、ここが詳しいですので、参考にして下さい。→ ウィキペディア

 ちなみに、スタックスで最もアルバムを出したのは、Booker T. & the MG'sらしいです。13枚程らしいですが、ちょっと凄いですね。

The Complete Stax-Volt Singles 1959-1968

The Complete Stax-Volt Singles 1959-1968

 

 

 

 

The Complete Stax-Volt Singles 1959-1968

収録曲目

サザン・ソウルを代表するレーベル、スタックス/ヴォルトがアトランティック傘下だった59~68年の間にリリースした、全206枚のシングル(レア盤多数!)を年代順に9枚のディスクに収めたもの。91年編纂の労作(よって、フィンガー・スナップのロゴでおなじみの独立以降の音源は、ここには含まれていない)。

オーティス・レディングやサム&デイヴなどのスターを生んだことでも知られるこのレーベルの作品群は、モータウンと並び、60年代のアメリカが生んだ最も魅力的な黒人音楽であり、南部のローカルな音楽だったサザン・ソウルを世界中に広く知らしめた功績はとても大きい。

ロブ・ボウマンによる詳細なライナーノーツも読みごたえ十分で、まさに一級品の資料といえるボックス。

スタックスのシンガー達

初期:サテライト・レコード

ルーファス・トーマスとカーラ・トーマス

 まず、1957年にジム・スチュワートによって設立とありますが、当初はスタックス・レコードの前身となる「サテライト・レコード」です。翌年に、姉のエステル・アクストンが共同オーナーとなったようで、最初は「カントリー・ソング」を録音していたようです。

サテライト・レコードがレコーディングしたアーティストで、初めて成功を収めたのが、「ルーファス・トーマス」と「カーラ・トーマス」の親子デュオだったと言うのも、面白いです。

 どんな歌を歌っていたのか、興味がありますが、まあいいでしょう。後にカーラは、オーティス・レディングとのデュオもあり、父のルーファスは、ドッグやチキンと言った、ダンス・ナンバーで、ヒットを出します。

 また、「サテライト・レコード」と言う会社が、既に存在していたので、「スタックス」に改名したらしいですが、かえって良かったと思いますね。こっちがカッコウ良いです。

Rufus Thomas

全体を聴くなら、これが良いと思います。

 

Very Best of Rufus Thomas

DO THE FUNKY CHICHEN : RUFUS THOMAS (STAX)(1970)

RUFUS THOMAS この頃のスタックスは良い人が揃ってますね。この人はこの時52才ですよ。凄い「ファンキーおじさん」です。ノリノリですね。

近年に亡くなりましたが、ずっと現役でしたね。『アルバート・キング』もそうですが、この頃のスタックスは、かなり良いのが揃っています。

 

Do the Funky Chicken

メンフィス・スタックス・ソウルの大スター

オーティス・レディング (Otis Redding)

生年:1941年9月  没年1967年12月10日

1962年-1967年。このわずか5年間が、オーティス・レディングのスタックスでの録音時期です。 オーティス・レディングは119曲を録音しました。そのうちの11曲は、カーラ・トーマスとのデュオです。ですから108曲がオーティス・レディング個人の曲です。ライブでやっている曲も、1曲だけを除き、全部スタジオ録音されているものです。

 108曲のうちの62曲は、オーティス自身か、スタックスのメンバーによるオリジナルで、ほかの46曲は、他人の曲をカヴァーしたものです。

Otis Blue: Sings Soul

Otis Blue: Sings Soul

1. Ole Man Trouble
2. Respect
3. Change Is Gonna Come
4. Down in the Valley
5. I've Been Loving You Too Long
6. Shake
7. My Girl
8. Wonderful World
9. Rock Me Baby
10. (I Can't Get No) Satisfaction
11. You Don't Miss Your Water

 これが最も曲が揃っている感じです。何故か、これだけの人なのに、ボックスCDなどが見あたりません。2枚組すら見あたらないのは不思議ですね。

The Dock of the Bay

The Dock of the Bay

1. (Sittin' On) The Dock of the Bay
2. I Love You More Than Words Can Say
3. Let Me Come on Home
4. Open the Door
5. Don't Mess with Cupid
6. Glory of Love
7. I'm Coming Home
8. Tramp
9. Hucklebuck
10. Nobody Knows You When You're Down and Out
11. Ole Man Trouble

バックバンドの、バーケイズのメンバーとともに航空機の事故で、ウィスコンシン州マディソンで死亡しました。

その3日前に録音された、「(Sittin' on) the Dock of the Bay」は、後に彼にとって唯一の全米No.1になります。

Live in Europe(ライブ・イン・ヨーロッパ)

Live in Europe

Live in Europe

1. Respect
2. Can't Turn You Loose
3. I've Been Loving You Too Long
4. My Girl
5. Shake
6. (I Can't Get No) Satisfaction
7. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)
8. These Arms of Mine
9. Day Tripper
10. Try a Little Tenderness

生前のリリース

Volt : スタックス傘下のレーベル

生前の、スタックスでのリリース曲は以下ですが、どれも良い曲です。

Volt 103 - These arms of mine / Hey hey baby (62)
Volt 109 - That's what my heart needs / Mary's little lamb (63)
Volt 112 - Pain in my heart / Something is worrying me (63)
Volt 116 - Come to me / Don't leave me this way (64)
Volt 117 - Security / I want to thank you (64)
Volt 121 - Chained and bound / Your one and only man (64)
Volt 124 - Mr. Pitiful / That's how strong my love is (64)
Volt 126 - I've been loving you too long (to stop now) / I'm depending on you (65)
Volt 128 - Respect / Old man trouble (65)
Volt 130 - I can't turn you loose / Just one more day (65)
Volt 132 - Satisfaction / Any ole way (66)
Volt 136 - My lover's prayer / Don't mess with cupid (66)
Volt 138 - Fa-fa-fa-fa-fa (Sad song) / Good to me (66)
Volt 141 - Try a little tenderness / I'm sick ya'll (66)
Volt 146 - I love you more than words can say / Let me come on home (67)
Volt 149 - Shake / You don't miss your water (67)
Volt 152 - Glory of love / I'm coming home (67)

68年になり、「(Sittin' on) the Dock of the Bay」がリリースされ、彼にとって唯一の全米No.1になります。

(その後も、相当数のリリースがあります)

 

オーティス・レディング亡き後のスタックスの看板歌手

ジョニー・テイラー (JOHNNIE TAYLOR) Stax

 ジョニー・テイラーは、スタックスでは「オーティス・レディング」が亡くなった後のNO.1スターで、「Who's Making Love」以降ヒットを連発します。リズム・ナンバーもスロー・バラードも良いです。

ウォンテッド・ワン・ソウル・シンガー(Wanted One Soul Singer)

ウォンテッド・ワン・ソウル・シンガー

1. I Got To Love Somebody's Baby
2. Just The One I've Been Lookin' For
3. Watermelon Man
4. Where Can A Man Go From Here
5. Toe-Hold
6. Outside Love
7. Ain't That Loving You (For More Reasons Than One)
8. Blues In The Night
9. I Had A Dream
10. Sixteen Tons
11. Little Bluebird

 Wanted One Soul Singer

スタックスでの1枚目で、ブルース度が少し高い感じです。2作目の、「Who's Making Love」の方がヒット作として有名ですが、こちらの方が私は好きです。

 

フーズ・メイキン・ラブ (Who's Making Love)

フーズ・メイキン・ラブ

1 Who's Making Love?
2 I'm Not the Same Person
3 Hold on This Time
4 Woman Across the River
5 Can't Trust Your Neighbor
6 Take Care of Your Homework
7 I'm Trying
8 Poor Make Believer
9 Payback Hurts
10 Mr. Nobody Is Somebody Now
11 I'd Rather Drink Muddy Water
12 Rumors

Who's Making Love

私は彼の声自体から好きなので、ソウル・シンガーでも特別に好きです。タイトル曲は、R&BチャートNo.1、全米No.5/ゴールド・ディスクを獲得。代表的なアルバムです。

ホーム

サイトマップ

馴染みやすい
ブルースアルバム

ブルース・ブラザーズ等

ロック系との影響

1960年代

お薦めブルース一覧

ブルース編1-ア行~サ行

ブルース編2-タ行~ハ行

ブルース編3-マ行~ワ行

R&B編

ソウル編

話題のDVDなど

ブルースの歴史など

**追加記事など**

 

  コンピ盤(シングル)

 

名盤

アレサ・フランクリン

この映画では、マット・ギター・マーフィーの奥さん役をやっている「ソウルの女王」アレサ・フランクリンの最高のアルバムがかなり安くありました。

I Never Loved a Man the Way I Love You

Lady Soul [Atlantic/Rhino]
2枚セットで買えます。60年代のマスルショールズ録音の大傑作名盤です。

 

 

 

 

バーケイズ

ソウル・フィンガーのアルバムありました。とても楽しい雰囲気です。
バーケイズ

 

 

Soul Finger

 

ジョニー・テイラー

マラコ

 ジョニー・テイラーは、80年代から移籍したマラコでも、良いアルバムを出しています。

参考:ジョニーのマラコ

 

ブルース・ブラザーズブルース・ブラザーズ・メンバースタックス・1前ページへ戻る
ブルース・ブラザーズ・2000紹介12000-22000-32000-4ブルース・ブラザーズ・2000のラストから

ページトップへ↑

--Copyright(C)2002-2008 yi355 All right reserved--